TOP > 技術シーズ検索 > ペプチド化合物PYY3-36の存否の確認方法

ペプチド化合物PYY3-36の存否の確認方法

シーズコード S090000958
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 井上 佳久
  • ミハイル レハルスキー
  • キムーン キム
  • ヨンホー コー
  • ナラヤナン セルバパラン
技術名称 ペプチド化合物PYY3-36の存否の確認方法
技術概要 被検薬剤中において、アミノ酸配列H-Ile-Lys-Pro-Glu-Ala-Pro-Gly-Glu-Asp-Ala-Ser-Pro-Glu-Glu-Leu-Asn-Arg-Tyr-Tyr-Ala-Ser-Leu-Arg-His-Tyr-Leu-Asn-Leu-Val-Thr-Arg-Gln-Arg-Tyr-X(アミノ酸配列中、XはOH、又はカルボン酸保護基を示す)で表されるペプチド化合物PYY3-36の存否を確認する方法である。被検薬剤及びキューカービチュリル[7]を溶媒とともに混合することにより溶液を調製し、得られた溶液を熱分析してPYY3-36の存否を確認する。PYY3-36は、例えば、人間の内臓(特に胃)の内分泌細胞によって作られる分泌物から抽出することができる。
研究分野
  • 分析化学一般
  • 分析試薬
  • 蛋白質・ペプチド一般
展開可能なシーズ 薬剤中におけるアミノ酸配列で表されるペプチド化合物PYY3-36の存否を簡便に、且つ、精度良く確認する方法を提供する。
ペプチド化合物PYY3-36が分解することにより生成したペプチド分解物を検知することにより、薬剤を長期保存した場合の薬剤中におけるPYY3-36の存否を確認することができる。
用途利用分野 ペプチド化合物
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, . 井上 佳久, ミハイル レハルスキー, キムーン キム, ヨンホー コー, ナラヤナン セルバパラン, . ペプチド化合物PYY3-36の存否の確認方法. 特開2008-122163. 2008-05-29
  • G01N  25/20     
  • G01N  33/68     

PAGE TOP