TOP > 技術シーズ検索 > 高分子固定化パラジウム触媒、及びその製造方法、並びに前記触媒を用いた反応方法

高分子固定化パラジウム触媒、及びその製造方法、並びに前記触媒を用いた反応方法

シーズコード S090000988
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 小林 修
  • 稲崎 毅
  • 上野 雅晴
技術名称 高分子固定化パラジウム触媒、及びその製造方法、並びに前記触媒を用いた反応方法
技術概要 パラジウムが架橋高分子に担持されてなり、特にアミン類とハロゲン化アリール化合物との反応に際して用いられる高分子固定化パラジウム触媒である。架橋高分子は側鎖に疎水性基と親水性基とーPR基とを有する。ただし、Rはアルキル基、アリール基及びアラルキル基の群の中から選ばれる何れかの基であり、各各、同じであっても異なっていてもよい。かつーPR基のPと架橋高分子の主鎖との間にビフェニル構造及びビナフチル構造の群から選ばれる少なくとも1つを有する。ーPR基を有する側鎖は、特に、式1で表される基である。式中、Rはアルキル基、アリール基及びアラルキル基の群の中から選ばれる何れかの基であり、各各、同じであっても異なっていてもよく、R、Rは、水素原子、アルキル基、アリール基及びアラルキル基の群の中から選ばれる何れかの基である。中でもRがシンクロアルキル基のものである。この架橋性高分子における疎水性基は特に芳香族基である。またこの反応方法は、この触媒の存在下でアミン類とハロゲン化アリール化合物とを反応させる方法である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090000988_01SUM.gif
研究分野
  • 貴金属触媒
展開可能なシーズ アミン類とハロゲン化アリール化合物との反応に特に有効で、かつ反応終了後の漏出がほとんどなく、回収・再使用が容易な高分子固定化パラジウム触媒を提供する。
この高分子固定化パラジウム触媒は、アミン類とハロゲン化アリール化合物との反応性に優れており、かつ反応終了後の漏出がほとんどなく、回収・再使用が容易であり、また再使用した場合でも触媒活性の低下が非常に小さい。
用途利用分野 高分子固定化パラジウム触媒
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 小林 修, 稲崎 毅, 上野 雅晴, . 高分子固定化パラジウム触媒、及びその製造方法、並びに前記触媒を用いた反応方法. 特開2008-221089. 2008-09-25
  • B01J  31/06     
  • B01J  37/02     
  • C07C 211/55     
  • C07C 209/10     
  • C07D 295/02     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP