TOP > 技術シーズ検索 > GSO単結晶及びPET用シンチレータ

GSO単結晶及びPET用シンチレータ

シーズコード S090001130
掲載日 2010年3月5日
研究者
  • 住谷 圭二
  • 石橋 浩之
  • 村山 秀雄
  • 清水 成宜
  • 小林 正明
  • 石井 満
技術名称 GSO単結晶及びPET用シンチレータ
技術概要 Mg、Ta及びZrの1種以上を含有するCe含有GSO単結晶の原料は、酸化ガドリニウム、酸化シリコン及び酸化セリウムと、酸化マグネシウム、五酸化タンタル、二酸化ジルコニウム及びこれらの混合物から成る。各グループから最小1種の金属酸化物を、原子比でGd=1.95~2.0、Si=1.0、Ce=0.003~0.05、Mg、Ta、Zrまたはこれらの混合物=0.00005~0.005となる割合で含有する溶融物から、チョクラルスキー法に基づき種結晶を用いて結晶を成長させる。雰囲気は不活性ガス中に、酸素が0.5~2.5容積%含まれる事が好ましい。上記結晶を溶融する坩堝の材質はイリジウムが好適である。材料の溶融温度は好ましくは1940~1960℃である。成長した単結晶の波長460nmにおける透過率測定結果、およびシンチレータのエネルギースペクトル、発光減衰曲線を測定し蛍光減衰時間、減衰成分の出力比及び蛍光出力の測定結果はすべて良好であった。
研究分野
  • 結晶成長技術・装置
展開可能なシーズ 蛍光減衰時間が速く、スロー成分の出力比が小さく、着色がなく透明性の高いGSO単結晶及び該単結晶からなるシンチレータ、特にPET用シンチレータを提供する。
陽電子放出核種断層撮像装置(PET)では、優れたシンチレータを採用する事が装置全体の性能を向上させる重要な要因である。そこで、PETシンチレーターのGSO単結晶における発光のスロー成分の存在およびCe濃度増加による着色という課題を解決できる。
用途利用分野 PET用シンチレーター
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構, 株式会社オキサイド, . 住谷 圭二, 石橋 浩之, 村山 秀雄, 清水 成宜, 小林 正明, 石井 満, . GSO単結晶及びPET用シンチレータ. 特開2003-300795. 2003-10-21
  • C30B  29/34     
  • C09K  11/00     
  • C09K  11/79     
  • G01T   1/161    
  • G01T   1/202    

PAGE TOP