TOP > 技術シーズ検索 > 抗SHPS-1モノクロナール抗体

抗SHPS-1モノクロナール抗体

シーズコード S090001204
掲載日 2010年3月5日
研究者
  • 的崎 尚
  • 岡澤 秀樹
技術名称 抗SHPS-1モノクロナール抗体
技術概要 CD47部分ペプチドと抗SHPS-1モノクロナール抗体の少なくともどちらか一方を有効成分として薬理成分とともに含有している組成物である。抗SHPS-1モノクロナール抗体とは、SH2ドメイン含有タンパク質の脱リン酸化基質タンパク質SHPS-1を特異的に認識し、結合する抗SHPS-1モノクロナール抗体である。抗SHPS-1モノクロナール抗体は、定法に従いハイブリドーマ細胞株から作製することができる。CD47部分ペプチドと抗SHPS-1モノクロナール抗体の2種類を混合させて、薬理成分とともに含有させた組成物としてもよい。「薬理成分」とは、第1に通常の薬剤製造に用いられる各種の担体を意味する。「担体」は、対象疾患の種類や薬剤の投与形態に応じて広い範囲から適宜選択することができる。この発明の組成物は、経口的にまたは注射により投与しうる単位服用形態にあることが望ましい。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090001204_01SUM.gif
研究分野
  • 製剤一般
  • 抗腫よう薬の基礎研究
展開可能なシーズ SHPS-1を介した細胞応答の機能に作用させることのできる抗SHPS-1モノクロナール抗体を有効成分とする医薬組成物を提供する。
SHPS-1を介した細胞応答の機能に作用させることによって、ガン細胞の転移抑制や動脈硬化の改善等に貢献することのできるCD47部分ペプチドと抗SHPS-1モノクロナールが提供される。
用途利用分野 抗がん剤、動脈硬化防止剤、動脈硬化治療剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人群馬大学, . 的崎 尚, 岡澤 秀樹, . 抗SHPS-1モノクロナール抗体. 特開2007-056037. 2007-03-08
  • A61K  39/395    
  • A61P  35/04     
  • A61P   9/10     
  • C12P  21/08     

PAGE TOP