TOP > 技術シーズ検索 > メイラード反応阻害剤

メイラード反応阻害剤

シーズコード S090001215
掲載日 2010年3月5日
研究者
  • 長岡 康夫
  • 河原 秀久
  • 山本 秀樹
  • 芝田 隼次
  • 小幡 斉
  • 上里 新一
技術名称 メイラード反応阻害剤
技術概要 食品廃棄物またはその抽出物を含むメイラード反応阻害剤である。好ましい食品廃棄物の例としては、そばがら、あんかす、及び食品発酵かすが挙げられる。好ましい食品発酵かすとしてはワインかす、醤油かすが挙げられる。好ましい食品廃棄物の抽出物の例としては、そばがら水抽出物、あんかす水抽出物、ワインかすエタノール抽出物、及び醤油かす水抽出物が挙げられる。メイラード反応阻害剤として、食品廃棄物やその抽出物をそのまま用いてもよく、適当な担体または賦形剤等と混合して用いてもよい。メイラード反応阻害剤は、肌の硬化、しわ形成、はり・つやの喪失の原因となるコラーゲンの架橋形成や、肌のくすみの原因となる着色を抑制して、優れた皮膚老化防止効果、美肌効果を示し、化粧品、皮膚外用剤、飲食物、嗜好物、機能性食品用としても有用である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090001215_01SUM.gif
研究分野
  • 製剤一般
  • 生薬の薬理の基礎研究
展開可能なシーズ 安全性が高く、長期投与が可能なメイラード反応阻害剤を提供する。
安全性が高く、長期投与が可能な、食品廃棄物またはその抽出物を含むメイラード反応阻害剤、飲食物、化粧品等が提供される。食品廃棄物を用いるので、大量に生じている食品廃棄物の有効利用につながり、経済的観点から、地球環境保全の観点からも有益である。また、食品廃棄物の処理方法に関する新技術開発の展開にも結びつく。
用途利用分野 糖尿病合併症・加齢性疾患の予防・治療薬、飲食物、化粧品、皮膚外用剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人 関西大学, . 長岡 康夫, 河原 秀久, 山本 秀樹, 芝田 隼次, 小幡 斉, 上里 新一, . メイラード反応阻害剤. 特開2006-256977. 2006-09-28
  • A61K  36/48     
  • A61K  36/18     
  • A61K  36/00     
  • A61K   8/97     
  • A23L   3/3472   
  • A61P  43/00     
  • A61P   3/10     
  • A61P  35/00     
  • A61Q  19/08     

PAGE TOP