TOP > 技術シーズ検索 > 希土類金属の抽出剤と抽出方法

希土類金属の抽出剤と抽出方法

シーズコード S090001263
掲載日 2010年3月5日
研究者
  • 長縄 弘親
  • 須郷 由美
  • 下条 晃司郎
  • 三田村 久吉
技術名称 希土類金属の抽出剤と抽出方法
技術概要 希土類金属と強く結合するカルボキシル基を含むジグリコールアミド酸(DGAA)の骨格(>N-CO-CH-O-CH-COOH)を利用して希土類金属を抽出する。DGAAの骨格にアルキル鎖を導入して親油性を付与した化合物を抽出剤とする。この抽出剤は1段階の合成反応によって、容易かつ高収率で合成することができるため、低コストでの生産が可能である。この抽出剤を含む有機相と希土類金属含有の水溶液を、pH1~3程度の酸性条件下で接触させて、有機相に希土類金属を抽出させ、さらに分液した有機相を酸の濃度が高い別の水相と接触させて希土類金属を逆抽出して回収させる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090001263_01SUM.gif
研究分野
  • 抽出
  • 資源回収利用
展開可能なシーズ 環境負荷を最小限に抑え、希土類金属を効果的に抽出・分離するために、水への溶解度が小さく、完全な焼却処分が可能で、かつ既存のリン系化合物と同程度に優れた抽出能と選択的分離能を有し、合成が安価な抽出剤とこれらを用いた抽出方法を提供する。
希土類金属の抽出・分離が適度な酸性(pH=1~3程度)のもとで達成でき、高い酸性(pH=0以下)では逆に抽出溶媒相から効率的に回収(逆抽出)することができる。また、抽出剤自身の水への溶解度が低く、完全に焼却処分できる環境に優しい抽出剤なので、従来のリン系抽出剤と同程度の優れた抽出能と選択的分離能が実現される。
用途利用分野 希土類金属抽出装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人日本原子力研究開発機構, . 長縄 弘親, 須郷 由美, 下条 晃司郎, 三田村 久吉, . 希土類金属の抽出剤と抽出方法. 特開2007-327085. 2007-12-20
  • C22B  59/00     
  • C22B   3/26     

PAGE TOP