TOP > 技術シーズ検索 > ゼラチン繊維とその製造方法

ゼラチン繊維とその製造方法

シーズコード S090001281
掲載日 2010年3月5日
研究者
  • 戸倉 清一
  • 田村 裕
  • 伊藤 昇
技術名称 ゼラチン繊維とその製造方法
技術概要 ゼラチン水溶液をゾル状態となるように加温し、該加温されたゼラチン水溶液を空気中で紡糸した後、架橋剤溶液中に浸漬して架橋させるゼラチン繊維の製造方法である。多価グリシジル化合物中に浸漬して架橋させる製造方法である。ジメチルスルホキシドを含むゼラチン水溶液を、凝固液中で紡糸する製造方法である。多価グリシジル化合物を含むゼラチン水溶液を、空気中又は凝固液中で紡糸するゼラチン繊維の製造方法である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090001281_01SUM.gif
研究分野
  • 繊維材料一般
  • 紡糸・製糸一般
展開可能なシーズ 従来のゼラチン繊維と比較して、より低毒性であってしかも強度の高いゼラチン繊維を提供する。
より高強度で低毒性のゼラチン繊維を得ることが可能となる。
用途利用分野 生体吸収性材料,食品包装用材料
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 関西大学, . 戸倉 清一, 田村 裕, 伊藤 昇, . ゼラチン繊維とその製造方法. 特開2005-163204. 2005-06-23
  • D01F   4/00     
  • C08J   3/24     
  • C08K   5/41     
  • C08L  89/00     

PAGE TOP