TOP > 技術シーズ検索 > 広帯域スーパーコンティニューム極短光パルスを用いたシングルショット過渡吸収計測方法およびシングルショット過渡吸収計測システム

広帯域スーパーコンティニューム極短光パルスを用いたシングルショット過渡吸収計測方法およびシングルショット過渡吸収計測システム

シーズコード S090001311
掲載日 2010年3月5日
研究者
  • 小西 毅
  • 一岡 芳樹
  • 後藤 俊夫
  • 西澤 典彦
  • 廣住 知也
技術名称 広帯域スーパーコンティニューム極短光パルスを用いたシングルショット過渡吸収計測方法およびシングルショット過渡吸収計測システム
技術概要 広帯域スーパーコンティニューム極短光パルスを用いたシングルショット過渡吸収計測方法は、物質における広い波長帯域にわたる超高速現象の過渡的な吸収変化をシングルショットで計測する方法である。具体的には、広帯域スーパーコンティニューム極短光パルスを、ビームスプリッターなどの光分岐器を用いて参照光とプローブ光に分岐し、プローブ光を計測物質に照射・入力する。次いでその計測物質の超高速状態変化により波長ごとに異なる過渡的な吸収の変化を受けた出力光に空間的に適当な幅と適当な角度を持たせて信号光パルスとして分散素子に入射し、この分散素子上の入射位置の違いによって時間的な差異が生じて信号光パルスが分散される。広帯域スーパーコンティニューム極短光パルスを用いたシングルショット過渡吸収計測システム1では、広帯域スーパーコンティニューム極短光パルス発生装置2からの広帯域スーパーコンティニューム極短光パルス3をビームスプリッター4により2つに分岐し、一方を参照光5とし、もう一方をプローブ光6としている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090001311_01SUM.gif
研究分野
  • 分光分析
展開可能なシーズ これまで計測できなかった物質における広い波長帯域での超高速現象の同時計測を可能とする広帯域スーパーコンティニューム極短光パルスを用いたシングルショット過渡吸収計測方法およびシングルショット過渡吸収計測システムを提供する。
広い帯域の極短光パルスの計測を行うために複数の光源を用意する必要がなく、これまで計測が困難であった広い帯域での超高速現象の同時計測を可能とする広帯域スーパーコンティニューム極短光パルスを用いたシングルショット過渡吸収計測方法およびシングルショット過渡吸収計測システムが提供され、光通信分野において、信号の超高速化と、光源の広帯域化に貢献することが期待される。
用途利用分野 過渡吸収計測システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, アイシン精機株式会社, . 小西 毅, 一岡 芳樹, 後藤 俊夫, 西澤 典彦, 廣住 知也, . 広帯域スーパーコンティニューム極短光パルスを用いたシングルショット過渡吸収計測方法およびシングルショット過渡吸収計測システム. 特開2003-279480. 2003-10-02
  • G01N  21/27     
  • G01J   3/18     
  • G01J   3/45     
  • G01M  11/02     

PAGE TOP