TOP > 技術シーズ検索 > 抗菌性材料、及びその製造方法

抗菌性材料、及びその製造方法

シーズコード S090001475
掲載日 2010年3月19日
研究者
  • 二川 浩樹
  • 西村 正宏
技術名称 抗菌性材料、及びその製造方法
技術概要 抗菌性材料は、抗菌物質を有するシラン化合物として、オクタデシルトリメトキシシラン、又はオクタデシルジメチル(3-トリメトキシシリルプロピル)アンモニウムクロライドから選択された化合物を、表面に固定化したことを特徴とする。また、固定化が共有結合であることを特徴とする。また、抗菌性材料が、金属、セラミックス、又はガラスであることを特徴とする。また、シラン化合物が、アミノ基を有し、前記アミノ基へ抗菌物質が結合することを特徴とする。また、シラン化合物のアミノ基と、アルデヒド基又はケトンの少なくとも1つとカルボキシル基とを有する薬剤とをシッフ反応させて、前記シラン化合物に固定化したカルボキシル基へ抗菌物質を結合させることを特徴とする。さらに、抗菌物質を有するシラン化合物として、オクタデシルトリメトキシシラン、又はオクタデシルジメチル(3-トリメトキシシリルプロピル)アンモニウムクロライドから選択された化合物を含有する溶媒を、金属、セラミックス、シリカ又はガラスの表面に処理することを特徴とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090001475_01SUM.gif
研究分野
  • 医用素材
  • 歯科材料
展開可能なシーズ 抗菌作用が長時間持続する抗菌性材料及びその製造方法に関し、特に、材料上にシラン化合物を固定化した抗菌性材料及びその製造方法を提供する。
細菌など微生物の付着を効果的に予防できる。また、歯科、医科用の材料に用いた場合には、術後感染、院内感染、二次感染、う蝕、歯周病の原因となり、当該微生物の誤飲等によって、消化管、呼吸器などへの感染症や、さらには、抜歯などにより微生物が血中に移行し、菌血症、敗血症あるいは心内膜炎など循環器系の疾患を効果的に予防できる。
用途利用分野 抗菌性材料、シラン化合物を固定化した抗菌性材料、オクタデシルジメチル(3-トリメトキシシリルプロピル)アンモニウムクロライド
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人広島大学, . 二川 浩樹, 西村 正宏, . 抗菌性材料、及びその製造方法. 特開2004-209241. 2004-07-29
  • A61L  27/00     

PAGE TOP