TOP > 技術シーズ検索 > 体幹伸展筋力増強装置

体幹伸展筋力増強装置

シーズコード S090001482
掲載日 2010年3月19日
研究者
  • 浦辺 幸夫
技術名称 体幹伸展筋力増強装置
技術概要 体幹伸展筋力増強装置は、訓練者が着座する座部材4と、座部材4を前後移動可能に支持する支持台5と、座部材4の少なくとも前進移動に負荷を加える負荷手段と、を具える。支持台5が前後移動可能に支持する座部材4上に訓練者が着座し、その訓練者が頭部や背部を適当な壁面等に押し当てながら臀部で座部材4を前方へ押し出したり後方へ戻したりすると、負荷手段がその座部材の少なくとも前進移動に負荷を加えて、訓練者の体幹伸展筋力を増強させる。なお、支持台5は座部材4を、上向きに凸に湾曲した経路に沿って前後移動可能に支持するものであると好ましい。また、支持台5に設けられ、訓練者の背側の頭部から肩部までの何れかの部位を押し当てられる押し当て部材3を具えていると好ましい。さらに、支持台5に設けられ、訓練者の上体を支える上体支持部材7を具えていると好ましい。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090001482_01SUM.gif
研究分野
  • 医療用機器装置
展開可能なシーズ 訓練者が高齢者等の円背の人や腹臥位をとることが困難な人の場合に訓練者の負担が大きいという問題や、訓練者が腰椎を支点として上体の屈伸を行ってしまうため脊椎の伸展を促しづらいという問題を有利に解決するように、訓練者が着座する座部材と、座部材を前後移動可能に支持する支持台と、座部材の少なくとも前進移動に負荷を加える負荷手段と、を具える体幹伸展筋力増強装置を提供する。
訓練者が高齢者等の円背の人や腹臥位をとることが困難な人でも、背部への大きな負担なく体幹伸展筋力の増強訓練を行うことができる。また、座部材を前進させるにつれて訓練者の曲がっていた脊椎が伸びるように座面の角度が変化するので、より自然な体位で体幹伸展筋力の増強訓練を行うことができる。
用途利用分野 体幹伸展筋力増強装置、体幹伸展筋力トレーニング装置、ホームジム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人広島大学, . 浦辺 幸夫, . 体幹伸展筋力増強装置. 特開2006-280486. 2006-10-19
  • A63B  23/00     
  • A63B  23/035    

PAGE TOP