TOP > 技術シーズ検索 > 体関節サポ一夕

体関節サポ一夕

シーズコード S090001488
掲載日 2010年3月19日
研究者
  • 黒住 亮太
  • 山本 透
技術名称 体関節サポ一夕
技術概要 体関節サポータシステムは、使用者の意思を入力する入力機器であるユーザ意思取得部100(眼鏡形状の視線入力装置)、使用者の身体に装着する体関節サポータ200、体関節サポータ200の空気圧を制御する体関節サポータ制御部300、体関節サポータ200に内蔵する空気圧アクチュエータを動作させる空気圧を供給するためのエアコンプレッサー400、空気圧アクチュエータに送る空気量を調節する電磁弁500、体関節サポータの圧力情報と変位情報を関節サポータ制御部300に送信する制御情報インターフェース601、体関節サポータに対して空気を送排出するための空気インターフェース602、などの部位により構成される。利用者の指示に応じて、体関節をサポートする体関節サポータ200に対する空気圧を調節する際に、体関節サポータ200の圧力と、体関節サポータ200内部のフォトセンサーの光量変化により得られる、体関節サポータ200の変位量に基づき適応学習型PID制御によって電磁弁500の動作を制御する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090001488_01SUM.gif
研究分野
  • 医療用品
展開可能なシーズ 障害者等の利用者に対して、体関節の支持、動作などを補助する体関節サポータに関するものであり、対象となる人体の個体差や経時変化に柔軟に適応し、高い精度と信頼性とを実現する体関節サポータを提供する。
体関節サポータによれば、比較的簡単な制御構造によって、安定した制御を実現すると共に、システムの非線形性にかかわらず、利用者の個人差や経時変化に柔軟に対応することができるという効果を奏する。障害者等の利用者に対して、体関節の支持、動作などを補助する体関節サポータに幅広く利用することができる。
用途利用分野 体関節サポ一夕、可動式体関節サポータ、福祉機器、体関節サポータシステム、CMAC-PID制御システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人広島大学, . 黒住 亮太, 山本 透, . 体関節サポ一夕. 特開2007-136036. 2007-06-07
  • A61F   5/01     
  • A61F   5/02     
  • A61F   4/00     
  • A61H   1/02     

PAGE TOP