TOP > 技術シーズ検索 > 運動部分のCT撮影方法及び装置

運動部分のCT撮影方法及び装置

シーズコード S090001513
掲載日 2010年3月19日
研究者
  • 森 慎一郎
  • 遠藤 真広
技術名称 運動部分のCT撮影方法及び装置
技術概要 ガントリ20内にある被検体10の周期的な運動を繰返している部分をCT撮影して再構成する際に、運動部分の周期的な運動と同期してガントリ20を回転させることにより、運動部分の動きが止まった画像を得る。また、ガントリ内にある被検体10の周期的な運動を繰返している部分をCT撮影してセグメント再構成するための運動部分のCT撮影装置において、運動部分の周期的な運動を検出する手段と、運動部分の周期的な運動と同期してガントリの回転速度を制御する手段と、得られた画像を再構成して、運動部分の動きが止まった画像を得る手段とを備える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090001513_01SUM.gif
研究分野
  • 医療用機器装置
  • 生体計測
展開可能なシーズ 心臓や胸部等の周期的な運動を繰返している臓器の動きをCT撮影して再構成する際に、運動部分の周期的な運動と同期してガントリを回転させることにより、運動部分の動きが止まった画像を得るようにして、その中の造影剤やカテーテル、チューブ、飲食物等の流れを観測可能とする。
ガン細胞や心筋梗塞等の既往症による造影剤の染まり方や流れ方の違いでガンや既往症の部位が分かり、染まり易さで心筋の状態が分かり、代謝解析が可能となる。また、カテーテル、チューブや飲食物等の動きや消化具合も、周期運動をする心臓や呼吸性移動の影響を抑えて把握できる。
用途利用分野 CT撮影装置、心臓造影検査用CT撮影装置、肺造影検査用CT撮影装置、CTガントリ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構, . 森 慎一郎, 遠藤 真広, . 運動部分のCT撮影装置の作動方法及び装置. 特開2006-296986. 2006-11-02
  • A61B   6/03     

PAGE TOP