TOP > 技術シーズ検索 > 磁性体を用いた分離浄化装置

磁性体を用いた分離浄化装置

シーズコード S090001541
掲載日 2010年3月19日
研究者
  • 岡 徹 雄
  • 岡 田 秀 彦
  • 横 山 和 哉
技術名称 磁性体を用いた分離浄化装置
技術概要 浄化装置は、磁性体微粒子を含む凝集剤で、被処理水中の汚濁物を、磁性を持った浮遊固形物Sとし、被処理水Wの流れの中で、磁力により、浮遊固形物Sを被処理水Wから分離するものである。非磁性材料からなる扁平な槽1内の、被処理水の短い流れを挟んで、異極を対向させた状態で、流れに沿った磁場(磁力線Mで示す)を形成するように、槽1の短寸方向(扁平な間隔)に対してバルク磁石2、2’を配置する。被処理水を上部から槽1内に導入し、フィルター3のある浮遊固形物回収領域4を経由して、下部から導出する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090001541_01SUM.gif
研究分野
  • 産業機械・機器
  • 固体の処理装置一般
展開可能なシーズ 磁性体微粒子を含む凝集剤で、被処理水中の汚濁物あるいは溶質を、磁性を持った浮遊固形物とし、被処理水の流れの中で、磁力により、浮遊固形物を被処理水から分離する分離浄化装置を提供する。
被処理水を流し、該槽内での流れの両端に異極を対向させた状態で、バルク磁石により、浮遊固形物回収領域での高勾配の磁場を形成し、被処理水の滞留時間を長くして、磁場による浮遊固形物の回収効率を向上できる。装置自体も簡易で低コストであり、被処理水の処理作業をバルク磁石で行うので、フィルター交換の際でも、運転を中断する必要がなく、稼働率を低下させることがない。
用途利用分野 浮遊固形物分離浄化装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, アイシン精機株式会社, . 岡 徹 雄, 岡 田 秀 彦, 横 山 和 哉, . 磁性体を用いた分離浄化装置. 特開2003-326191. 2003-11-18
  • B03C   1/025    
  • B01D  21/01     
  • B03C   1/00     
  • C02F   1/52     

PAGE TOP