TOP > 技術シーズ検索 > 可逆性感熱記録材料、及びそれを用いた記録媒体

可逆性感熱記録材料、及びそれを用いた記録媒体

シーズコード S090001590
掲載日 2010年3月19日
研究者
  • 渡辺 敏行
  • 平田 修造
技術名称 可逆性感熱記録材料、及びそれを用いた記録媒体
技術概要 この可逆性感熱記録材料は、電子供与性呈色化合物(Bは消色状態の電子供与性呈色化合物、Bは呈色状態の電子供与性呈色化合物)、電子受容性化合物(Cは中性状態の電子受容性化合物、Cはアニオン状態の電子受容性化合物)、及び可逆剤Dを含有し、電子供与性呈色化合物と電子受容性化合物との間の呈色反応を利用しており、電子供与性呈色化合物の呈色状態であるときに電子供与性呈色化合物へのエネルギー移動を行うための発光性化合物Aをさらに含有している。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090001590_01SUM.gif
研究分野
  • 各種紙製品・紙製容器
展開可能なシーズ 従来の可逆性感熱記録材料を改良し、可逆的に発光強度を制御することができ、かつ書き換え耐久性、発光寿命と消光寿命が長い可逆性感熱記録材料、それを用いた可逆性感熱記録媒体、この媒体の記録方法及び表示方法を提供する。
この可逆性感熱記録材料は、可逆的に発光強度を制御することができ、かつ寿命が長く、励起光照射による発光状態において高コントラスト、非破壊、フルカラー等の特性を兼ね備えている。
用途利用分野 可逆性感熱記録材料、書き換え用発光表示素子用材料、インテリア用材料、センシング用材料
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東京農工大学, . 渡辺 敏行, 平田 修造, . 可逆性感熱記録材料、及びそれを用いた記録媒体. 特開2007-118420. 2007-05-17
  • B41M   5/337    

PAGE TOP