TOP > 技術シーズ検索 > マイクロ光造形法

マイクロ光造形法 新技術説明会

シーズコード S090001591
掲載日 2010年3月19日
研究者
  • 三輪 昌史
技術名称 マイクロ光造形法 新技術説明会
技術概要 液状の光硬化性樹脂の内部にレーザ光を走査させながら連続的に照射し、線分状に硬化させた光硬化性樹脂Aを形成するとともに、これを複数積層させることによって面状の微小構造体B1~B6あるいは3次元状の微小構造体Cを作製する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090001591_01SUM.gif
研究分野
  • 橋かけ
  • 光化学反応
展開可能なシーズ 簡易かつ比較的短時間で微小な構造物を作製することのできる新規な光造形法を提供する。従来の樹脂のマイクロ光造形法は、3次元構造物が比較的大きい場合は、容易に行うことができるが、3次元構造物が数十μmオーダから数μmオーダになると、極めて困難であった。
3次元構造物の作製が比較的短時間で可能となる。また、突起状物などの特異形状物をこの線分で構成することにより、支持部材を必用とすることなく簡易に形成することができる。
用途利用分野 マイクロセンサ、マイクロアクチュエータ、マイクロマシン、微小構造物、マイクロ光造形装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人和歌山大学, . 三輪 昌史, . マイクロ光造形法. 特開2002-154163. 2002-05-28
  • B29C  67/00     
  • B81C   5/00     

PAGE TOP