TOP > 技術シーズ検索 > スフェロゾーム含有物質からなる農薬除去剤及び農薬除去方法

スフェロゾーム含有物質からなる農薬除去剤及び農薬除去方法

シーズコード S090001740
掲載日 2010年3月19日
研究者
  • 足立 昌子
技術名称 スフェロゾーム含有物質からなる農薬除去剤及び農薬除去方法
技術概要 スフェロゾームを含有する廃棄物を非水溶性農薬除去剤として利用する。好ましくは、スフェロゾーム含有物質が植物由来の廃棄物であることを特徴とする。より好ましくは、植物由来のスフェロゾーム含有廃棄物が食品加工製造工程からのものであることを特徴とする。更に好ましくは、食品加工製造工程からのスフェロゾーム含有廃棄物が精穀(精米、精麦など)時、搾油(ゴマ、菜種、大豆、亜麻仁など)時に発生する物、大豆カスからなる群から選択される少なくとも一種からなることを特徴とする。非水溶性農薬除去剤とし利用する食品加工製造工程からの廃棄物は、そのままの形態でも該農薬の取り込み除去に利用できるが、好ましくは、該スフェロゾームを含有する非水溶性農薬除去剤は、多孔質ブロック状、顆粒状に成形されていることを特徴とする。非水溶性農薬を含む被処理物とスフェロゾームを含有する非水溶性農薬除去剤をペースト状にして、対象とする被処理物から非水溶性農薬を除去することを特徴とする。
研究分野
  • 食品衛生一般
  • 食品製造・加工・保蔵法一般
  • 農薬一般
展開可能なシーズ 有害化学物質を除去、無害化する手段として、取り扱いが安全であり、比較的低コストで入手でき、かつその供給が安定である処理手段として、スフェロゾーム含有物質を非水溶性農薬除去剤として提供する。
スフェロゾーム含有の非水溶性農薬の処理剤は、天然の植物由来の物質を利用するので、作業性及び安全性が優れ、かつ、食品の加工工程において廃棄物として発生する材料を該処理剤の原料として利用できるから、経済的にも有利である。更に該食品は多量に消費されるものであるから、該処理剤の原料は安定的に入手することができる。
用途利用分野 非水溶性農薬除去剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 足立 昌子, . スフェロゾーム含有物質からなる農薬除去剤及び農薬除去方法. 特開2002-035158. 2002-02-05
  • A62D   3/00     
  • B01J  20/24     

PAGE TOP