TOP > 技術シーズ検索 > 生体波形保存管理システム、生体波形保存管理方法、および生体波形出力方法

生体波形保存管理システム、生体波形保存管理方法、および生体波形出力方法

シーズコード S090001749
掲載日 2010年3月19日
研究者
  • 三条 芳光
  • 佐藤 重仁
  • 横山 徹夫
技術名称 生体波形保存管理システム、生体波形保存管理方法、および生体波形出力方法
技術概要 本システムは、心電図等の生体波形を時間的に連続した波形データとして取込み、時系列に分割する波形データ取得分割部1と、分割された該波形データを保存管理する波形データ保存管理部2と、波形データ保存管理部にて管理されている該波形データを、必要に応じて、時系列で出力する波形データ出力部3とからなる。波形データ取得分割部は、心電図装置等の生体波形を出力する装置からの信号を取得する信号取得部11と、取得信号を画像データ(波形データ)に変換する信号-画像変換部12と、信号取得部て取得された信号の特徴を示すデータを取得する特徴量取得部13と、信号-画像変換部にて変換された波形データを所定時間毎に分割する画像分割部14とからなる。波形データ保存管理部2は、記録処理部21にて特徴量取得部からの特徴量と画像分割部からの分割された波形データとを同期させる等のデータ格納部23への波形データを記録するための処理を行い、処理された波形データは、データ圧縮処理部22とデータ格納部23とにそれぞれ出力される。データ圧縮処理部22は、記録処理部からの波形データに圧縮処理を施し、データ格納部に出力する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090001749_01SUM.gif
研究分野
  • 医療用機器装置
  • 生体計測
展開可能なシーズ ユーザが欲しい部分の波形データ(生体波形)を迅速に閲覧できると共に、波形データを長期にわたって保存可能にし得る生体波形保存管理システムを提供する。
本システムでは、任意の時間を含む波形だけを取り出すことができる。印刷装置により必要な波形データを迅速に印刷物で閲覧でき、CRT等の表示装置により画面上で迅速に閲覧できる。データを圧縮保存し、データ格納領域の容量を増やさずに波形データの長期保存が可能となる。手術室の部屋番号及び手術時刻を関連付けて保存できるので、ユーザは希望する時間を含む分割された生体波形を迅速に呼び出して閲覧することができる。
用途利用分野 生体波形保存管理システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 三条 芳光, 佐藤 重仁, 横山 徹夫, . 生体波形保存管理システム、生体波形保存管理方法、および生体波形出力方法. 特開2003-070760. 2003-03-11
  • A61B   5/0432   

PAGE TOP