TOP > 技術シーズ検索 > 長尺細管の低温プラズマ殺菌方法及び殺菌装置

長尺細管の低温プラズマ殺菌方法及び殺菌装置 新技術説明会

シーズコード S090001757
掲載日 2010年3月19日
研究者
  • 稲田 茂昭
技術名称 長尺細管の低温プラズマ殺菌方法及び殺菌装置 新技術説明会
技術概要 長尺細管の低温プラズマ殺菌装置は、低温プラズマを生成するプラズマ反応管炉1の内部に、このプラズマ反応管炉1と同軸の浸漬水管4を配置し、この浸漬水管内に水を満たした状態で内視鏡等の長尺細管を有する医療器具5を吊るして配置する。プラズマ反応管炉1の真空状態により浸漬水管内に貯められた水4が減圧沸騰現象を起こし、この減圧沸騰現象により内視鏡等の長尺チューブの内壁に付着した血液等の汚れが除去されると共に、プラズマ照射によって、長尺チューブ外壁に付着した微生物等の細菌類を殺菌ないし死滅させることができる。また、プラズマ発生用反応物としては、窒素ガス、酸素ガス、アルゴンガスなどのガスの他、過酸化水素液を噴霧し、ガス状体にして使用することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090001757_01SUM.gif
研究分野
  • 医療用機器装置
  • 滅菌法
展開可能なシーズ 温度を高温にすることなく、かつ金属を腐食する過酸化水素液を直接接触させて用いることなく、内視鏡に代表される細い管(細管)を有する長尺医療器具の表面及び細管内に付着した微生物や細菌類をことごとく死滅・除去させることができる低温プラズマを利用した長尺細管等の殺菌方法及びその装置を提供する。
プラズマ反応管内に発生されるプラズマ照射により浸漬水管内の水が撹拌され、管内が洗浄されるとともに、プラズマが内視鏡等の長尺細管表面の略全体に照射されるので、内視鏡等の長尺細管に付着した微生物、細菌類を殺菌または除去させることができる。また、長尺細管に付着した菌類を死滅させる滅菌効果を奏することもありうる。
用途利用分野 長尺細管の低温プラズマ殺菌装置、低温プラズマ殺菌装置、医療器具殺菌装置、医療器具滅菌装置、内視鏡殺菌装置、自動販売機等の飲料水細管殺菌装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人群馬大学, . 稲田 茂昭, . 長尺細管の低温プラズマ殺菌方法及び殺菌装置. 特開2006-021027. 2006-01-26
  • A61L   2/14     
  • A61B   1/12     
  • H05H   1/46     

PAGE TOP