TOP > 技術シーズ検索 > マグネシウムとホウ素とからなる金属間化合物超伝導体及びその金属間化合物を含有する合金超伝導体並びにこれらの製造方法

マグネシウムとホウ素とからなる金属間化合物超伝導体及びその金属間化合物を含有する合金超伝導体並びにこれらの製造方法

シーズコード S090002056
掲載日 2010年3月19日
研究者
  • 秋光 純
  • 銭谷 勇磁
  • 村中 隆弘
  • 中川 鑑応
  • 永松 純
技術名称 マグネシウムとホウ素とからなる金属間化合物超伝導体及びその金属間化合物を含有する合金超伝導体並びにこれらの製造方法
技術概要 金属間化合物超伝導体は、化学組成式Mg B で表され、六方晶AlB 型結晶構造を有している。粉末X線回折測定のパターンから、結晶系が六方晶であり、空間群p6/mmmに属する。また、a軸及びb軸長が0.3083nm、c軸長が0.3527nmである。他に製造方法の発明あり。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090002056_01SUM.gif
研究分野
  • 固体デバイス材料
  • 固体デバイス製造技術一般
  • 固体の製造・処理一般
展開可能なシーズ 超伝導転移温度が高い金属間化合物超伝導体、及び超伝導転移温度が高く、かつ、展性及び延性に優れた合金超伝導体を提供する。
マグネシウムとホウ素とからなる金属間化合物を含有する合金超伝導体は、超伝導転移温度が高く、展性、延性に優れ、かつ、製造が容易であるから、大規模な超伝導送電、超伝導電力貯蔵、高性能なジョセフソン素子、高周波素子等の超伝導エレクトロニクス等に利用すれば、極めて有用である。
用途利用分野 超伝導送電、超伝導電力貯蔵、ジョセフソン素子、高周波素子、超伝導エレクトロニクス
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, 秋光 純, . 秋光 純, 銭谷 勇磁, 村中 隆弘, 中川 鑑応, 永松 純, . マグネシウムとホウ素とからなる金属間化合物超伝導体及びその金属間化合物を含有する合金超伝導体並びにこれらの製造方法. 特開2002-211916. 2002-07-31
  • C01B 35/04      
  • C04B 35/58      
  • C22C  1/00      
  • C22C  1/04      
  • C22C 23/00      
  • H01B 12/00      
  • H01B 13/00      

PAGE TOP