TOP > 技術シーズ検索 > 高温型プロトン導電体を用いた炭化水素改質ガス類から水素を分離する方法

高温型プロトン導電体を用いた炭化水素改質ガス類から水素を分離する方法 新技術説明会

シーズコード S090002071
掲載日 2010年3月19日
研究者
  • 松本 広重
  • 高村 仁
  • 岩原 弘育
技術名称 高温型プロトン導電体を用いた炭化水素改質ガス類から水素を分離する方法 新技術説明会
技術概要 [A]はアノード室を構成し、この室には改質ガスなどの一酸化炭素(CO)を含む混合ガスGMIXが供給され、直流電圧D.C.が印加されたアノード電極ELおよびとカソード電極ELと高温型プロトン導電性固体電解質S.E.からなる膜とから構成される電気化学セルにより水素が分離されCO濃度が上がったガスGCOが室外に取り出される。また、[C]はカソード室を構成し、この室からは、カソード電極EL表面に移動した分離された水素ガスと分離された水素ガスを電極表面から分離させるために供給されるスイープガスGSW中の水分が電気分解されて発生する水素ガスとがスイープガスGSWと共に取り出される。このような構成により、水素が分離される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090002071_01SUM.gif
研究分野
  • 反応操作(単位反応)
展開可能なシーズ 高温型プロトン導電性固体電解質を用いて純粋な水素を分離できる技術を確立し、駆動力を電圧にのみに依存させ、圧力差、濃度差に依存しない水素の分離技術を確立し、不純物を含有しない水素を提供する。
COを含まない水素を得ることができ、改質ガスの製造と組み合わせることにより、純度の高い水素の製造ができる装置を設計でき、水素の分離技術を提供できる。
用途利用分野 水素ガス
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 松本 広重, 高村 仁, 岩原 弘育, . 高温型プロトン導電体を用いた炭化水素改質ガス類から水素を分離する方法. 特開2003-002610. 2003-01-08
  • C01B   3/56     
  • B01D  53/22     
  • B01D  53/32     

PAGE TOP