TOP > 技術シーズ検索 > ナノホーン担持体とその製造方法

ナノホーン担持体とその製造方法

シーズコード S090002097
掲載日 2010年3月19日
研究者
  • 飯島 澄男
  • 湯田坂 雅子
技術名称 ナノホーン担持体とその製造方法
技術概要 任意に配置されているカーボンナノホーン集合体(1)が固定材料(2)で完全に被覆されていてナノホーン担持体の表面が固定材料(2)のみから構成されていてもよいし、(d)(e)に示したように、カーボンナノホーン集合体(1)の一部が表面に露出されていてもよい。ナノホーン担持体においては、カーボンナノホーンの先端のみが、固定材料(2)の表面から突出されている。表面が固定材料(2)で完全に被覆されているナノホーン担持体から、必要に応じて容易に製造することも可能とされている。ナノホーン担持体は、必要に応じて、その形態を容易に変化することも可能とされている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090002097_01SUM.gif
研究分野
  • 固体デバイス材料
  • 固体デバイス製造技術一般
  • 固体の製造・処理一般
展開可能なシーズ カーボンナノホーンの特長的な先端形状を利用した電界電子放出特性を実際に素子等として利用する場合の設置の形態やその制御等について検討し、カーボンナノホーンの先端形状をより有効にかつ簡便に利用することができるナノホーン担持体とその製造方法を提供する。
カーボンナノホーンの先端形状をより有効にかつ簡便に利用することができる。
用途利用分野 吸着材料,電子放出素子
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 日本電気株式会社, 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 飯島 澄男, 湯田坂 雅子, . ナノホーン担持体とその製造方法. 特開2003-261312. 2003-09-16
  • C01B  31/02     
  • B01J 20/20      
  • B01J 20/30      

PAGE TOP