TOP > 技術シーズ検索 > 新規な1,3-セレナゾリン誘導体及びその製造方法

新規な1,3-セレナゾリン誘導体及びその製造方法

シーズコード S090002269
掲載日 2010年3月19日
研究者
  • 纐纈 守
  • 石原 秀晴
技術名称 新規な1,3-セレナゾリン誘導体及びその製造方法
技術概要 テトラヒドロフラン20mLに溶かしたN,N‘‐ジイソプロピルセレノ尿素 0.42 mL( 2.0 mmol) にクロロアセチルクロリド0.08 mL(1.0 mmol) を加え、よく撹拌後、0℃で1時間反応させた。反応混合物にピリジン 0.09 mL (1.0 mmol) を加えさらに0℃で2時間攪拌した。反応混合物は、常法により抽出、水洗、乾燥を行い、溶媒留去し、3-イソプロピル-2-イソプロピルイミノ-1,3-セレナゾリジン-4-オン 0.25 g を得た。純度は98.7 % であり、収率は100 % であった。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090002269_01SUM.gif
研究分野
  • 各種有機化合物の製造
  • 触媒操作
  • 有機化学反応一般
展開可能なシーズ 従来知られていなかった化学構造を有し、良好な生理活性を発揮することができる新規な1,3-セレナゾリン誘導体及び反応性が高く、1,3-セレナゾリン誘導体を容易かつ高収率で製造することができる1,3-セレナゾリン誘導体の製造方法を提供する。
新規な1,3-セレナゾリン誘導体によれば、知られてなかった化学構造を有し、良好な生理活性を発揮することができ、抗ガン剤、抗酸化剤などの医薬、防虫剤、除草剤などの農薬の原料や新規な1,3-セレナゾリン誘導体は、反応性が高く、1,3-セレナゾリン誘導体を容易かつ高収率で製造するすることができる。
用途利用分野 医薬、農薬
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人岐阜大学, . 纐纈 守, 石原 秀晴, . 新規な1,3-セレナゾリン誘導体及びその製造方法. 特開2003-192678. 2003-07-09
  • C07D 293/06     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP