TOP > 技術シーズ検索 > 三級アミン及びその製造方法

三級アミン及びその製造方法

シーズコード S090002272
掲載日 2010年3月19日
研究者
  • 村井 利昭
  • 村上 正浩
  • 武藤 雄一郎
  • 太田 幸泰
技術名称 三級アミン及びその製造方法
技術概要 反応式(10)において、まず溶媒中でチオアミドとメチル化剤とが反応して反応中間体を生成し、この反応中間体及び金属反応剤が反応した後、さらにグリニャール反応剤が反応して三級アミンを生成する。溶媒にチオアミドと金属反応剤とを加えた後にメチル化剤を加え、さらにグリニャール反応剤を加えた時は、チオアミドと金属反応剤とは速やかに反応せずにメチル化剤を加えることにより金属反応剤とメチル化剤とが反応するために、製造効率が低下する。また、溶媒にメチル化剤と金属反応剤とを加えた後にチオアミドを加え、さらにグリニャール反応剤を加えた時は、チオアミドを加える前にメチル化剤と金属反応剤とが反応し、三級アミンを得るための反応中間体を生成できず三級アミンを生成できない。従って、溶媒にはまずチオアミドとメチル化剤とを加え、金属反応剤及びグリニャール反応剤を順次加える必要がある。チオアミド、メチル化剤、金属反応剤及びグリニャール反応剤の反応性は高く、触媒を用いることなく反応式(10)の反応を進行して三級アミンの収率を95%にまで向上させることができ、得られる三級アミンの純度を例えば99%以上にまで向上させる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090002272_01SUM.gif
研究分野
  • 各種有機化合物の製造
  • 有機化学反応一般
展開可能なシーズ 新規化合物である三級アミン及び三級アミンを容易に製造することができるとともに収率を向上させることができる三級アミンの製造方法を提供する。
チオアミドとメチル化剤とを溶媒に加えた後に金属反応剤を加え、さらにグリニャール反応剤を加えるという簡単な操作で、三級アミンを容易に製造し、かつ収率を向上させることができる。
用途利用分野 化学製品、医薬品、農薬品の原料、三級アミン
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人岐阜大学, . 村井 利昭, 村上 正浩, 武藤 雄一郎, 太田 幸泰, . 三級アミン及びその製造方法. 特開2005-008597. 2005-01-13
  • C07C 211/27     
  • C07C 209/66     
  • C07C 211/28     
  • C07C 211/29     
  • C07C 213/08     
  • C07C 217/48     
  • C07F   7/10     

PAGE TOP