TOP > 技術シーズ検索 > 燃料電池用アノード電極及びその製造方法

燃料電池用アノード電極及びその製造方法

シーズコード S090002367
掲載日 2010年3月19日
研究者
  • 北川 宏
  • 藤島 武蔵
技術名称 燃料電池用アノード電極及びその製造方法
技術概要 ジチオオキサミド誘導体Rdtoa(ここで、RはH、COHおよびCOHから選択される置換基である)と遷移金属Mとからなり、下記式2で示される層状の分子構造を有する配位高分子金属錯体R=下2下=dtoaMの薄膜であって、上記層状の分子構造の層の間に水分子が吸蔵されて室温において高いプロトン伝導性を備え、かつ、上記層状の分子構造の層の間に水素が吸蔵されて室温において高い電子伝導性を備えたことを特徴とする、燃料電池用アノード電極である。更に、ジチオオキサミド誘導体Rdtoa(ここで、RはH、COHおよびCOHから選択される置換基である)と遷移金属Mとからなり、層状の分子構造を有する配位高分子金属錯体RdtoaMを加圧成型して薄膜化する工程と、薄膜化した配位高分子金属錯体に水素を吸蔵させる工程と、薄膜化した配位高分子金属錯体に水分子を吸蔵させる工程とにより、燃料電池用アノード電極を製造方法である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090002367_01SUM.gif
研究分野
  • 燃料電池
  • 固体デバイス製造技術一般
  • 混合伝導
展開可能なシーズ 燃料電池用アノード電極は、白金から構成されており、その性能向上は限界に達し、燃料電池のコストが高くなるという課題がある。本発明は、室温で高いプロトン伝導性及び電子伝導性を有すると共に、低コストで製造される燃料電池用アノード電極及びその製造方法を提供する。
配位高分子金属錯体R=下2下= dtoaMのアルキル基Rの位置に、H(水素)が配位している場合には、配位高分子金属錯体自体は公知の材料であり、ジチオオキサミドから容易に製造することができ、室温で高いプロトン伝導性及び電子伝導性を有すると共に、低コストで製造できる。
用途利用分野 燃料電池、固体高分子形燃料電池; ダイレクトメタノール形燃料電池; ガス拡散電極; ガスセンサ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 北川 宏, 藤島 武蔵, . 燃料電池用アノード電極及びその製造方法. 特開2004-031174. 2004-01-29
  • H01M   4/90     
  • H01M   4/88     
  • H01M   4/86     
  • H01M   8/10     
  • C08G  75/00     

PAGE TOP