TOP > 技術シーズ検索 > パパイア種子を用いた健康食品

パパイア種子を用いた健康食品

シーズコード S090002500
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 上江洲 榮子
技術名称 パパイア種子を用いた健康食品
技術概要 パパイアの種子単独、またはパパイアの種子及び未熟果を主原料とし、この原料の、乾燥粉末、または抽出物から選ばれた1以上の物を含む健康食品を作成する。パパイアの種子にはカルパインが未熟果にはカルシウムが含まれており、いずれも鎮静効果を有するため、この健康食品には睡眠改善機能が期待できる。この乾燥粉末又は抽出物には、睡眠改善効果を有する桑の実や、アキノワスレグサの花や茎の白い部分や根の乾燥粉末、または抽出物を混合してもよく、この場合より一層の睡眠改善効果が期待できる。さらに、セントジョーンズワートや、かのこ草の成分にも、睡眠改善作用を示す可能性があるので、これらの乾燥粉末、または抽出物を加えるようにしてもよい。この健康食品の形態は、ソフトカプセル、ハーブテイー、レトルトパウチ食品が考えられる。4日間のコントロール記録(C1~4)の後に、この健康食品を夕食後に飲用させ、さらに4日間記録(E1~4)した場合、摂取した夜において入眠時間が30分~3時間早くなっており、睡眠改善効果が確認できた。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090002500_01SUM.gif
研究分野
  • 食品製造・加工・保蔵法一般
  • 果実とその加工品
展開可能なシーズ パパイア種子を用いた健康食品を提供する。
従来は廃棄されることが多いパパイア種子を用い、睡眠改善機能を利用した健康食品として有効に利用することができる。
用途利用分野 健康食品、睡眠改善薬
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 琉球大学, . 上江洲 榮子, . パパイア種子を用いた健康食品. 特開2007-006804. 2007-01-18
  • A23L   1/30     

PAGE TOP