TOP > 技術シーズ検索 > 入浴補助装置

入浴補助装置

シーズコード S090002547
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 郭 清蓮
  • 永瀬 宏
  • 小林 伸明
  • 谷 正史
技術名称 入浴補助装置
技術概要 被洗者の背中を洗うための入浴補助装置は、複数の洗浄部材と、複数の洗浄部材のそれぞれを被洗者の背中に対して個別に前後移動させる作動機構と、複数の洗浄部材が作動機構を介して取り付けられる洗浄台と、被洗者の背中と複数の洗浄部材のそれぞれとの個別の距離を表す照準データを取得するデータ取得部と、複数の洗浄部材を通じて背中に加わる押圧力が所定の値になるよう、作動機構を制御する作動制御部とを備える。解析部70は、カメラ68から送信されてきた画像を用いて、洗浄装置50の各ブラシが被洗者の背中に与える押圧力が目標値になるように、ブラシの移動すべき距離を算出して洗浄装置50に出力する。洗浄装置50のコントローラは、解析部70から送信されてきた移動すべき距離通りに、ブラシを移動する。この移動によって、各ブラシが被洗者10の背中に当接する。洗浄装置50は、さらに、洗浄装置50に設けられたタッチセンサの測定値に応じて、ブラシの位置を微調整し、調整後、ブラシを回転させて洗浄を行う。他に方法の発明あり。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090002547_01SUM.gif
研究分野
  • 医療用機器装置
  • 建物内の給排水・衛生設備
  • 図形・画像処理一般
展開可能なシーズ 入浴する際に、背中を洗うことを手助けし、入浴者自身または介助者の負担を軽減でき、快適に十分な洗浄ができる入浴補助装置を提供する。
被洗者自身または介助者の負担を軽減しつつ、快適に十分な背中の洗浄を実施することができる。被洗者の背丈に応じて洗浄装置の位置調整が容易にできる。また、起立姿勢で洗浄するか、椅子などに腰掛けた着座姿勢で洗浄するかの選択が容易にできるとともに、適切な洗浄位置調整ができる。
用途利用分野 入浴補助装置、入浴補助システム、背中洗浄装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人金沢工業大学, . 郭 清蓮, 永瀬 宏, 小林 伸明, 谷 正史, . 入浴補助装置. 特開2007-289289. 2007-11-08
  • A61H  33/00     

PAGE TOP