TOP > 技術シーズ検索 > 等輝度測定装置、等輝度測定方法、ディスプレイ装置およびコンピュータグラフィックス処理装置

等輝度測定装置、等輝度測定方法、ディスプレイ装置およびコンピュータグラフィックス処理装置

シーズコード S090002550
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 田森 佳秀
技術名称 等輝度測定装置、等輝度測定方法、ディスプレイ装置およびコンピュータグラフィックス処理装置
技術概要 等輝度測定装置は、動画生成部と、動画を画面に表示する表示制御部と、被験者にユーザインタフェースを提供するインタフェース部と、動き不明位置取得部と、第一の色の輝度と第二の色の輝度を算出する輝度算出部と、第一の色の輝度と第二の色の輝度を、被験者にとって等輝度となる輝度値の組合せとして記憶する等輝度情報記憶部とを含む。具体的には、動く縞模様パターンを画面に表示して被験者に見せる。この動く縞模様パターンは、第一の色のライン50a~50gと第二の色のライン52a~52gとが交互に配置されてなる横縞のパターンであり、第一の色の輝度は右方向に徐々に明るくなり、第二の色の輝度は左方向に徐々に明るくなる。縞模様は上方向または下方向に一定の速度で動く。被験者は、縞模様の動きがはっきりしない水平方向の位置x0を指定する。被験者の指定した位置における第一の色の輝度Y1と第二の色の輝度Y2を、被験者にとって等輝度となる輝度値の組合せとして取得する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090002550_01SUM.gif
研究分野
  • 視覚
  • 医療用機器装置
  • 眼の診断
展開可能なシーズ 人が主観的に同じ輝度であると感じる二つの色の輝度の補正値(色座標)を効率的に求めることのできる主観的等輝度測定装置、ならびにその装置を利用したディスプレイ装置およびコンピュータグラフィックス処理装置を提供する。
被験者にとって等輝度と感じられる二つの色の輝度値を測定するには手間と時間がかかっていたが、主観的に同じ輝度であると感じる二つの色の輝度の補正値を短時間で正確に測定することができる。
用途利用分野 等輝度測定装置、ディスプレイ装置、コンピュータグラフィックス処理装置、コンピュータプログラム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人金沢工業大学, . 田森 佳秀, . 等輝度測定装置、等輝度測定方法、ディスプレイ装置およびコンピュータグラフィックス処理装置. 特開2008-054996. 2008-03-13
  • A61B   3/06     
  • H04N  17/00     
  • H04N   1/46     
  • H04N   1/60     

PAGE TOP