TOP > 技術シーズ検索 > 部品研磨方法、部品および研磨用プラスチック

部品研磨方法、部品および研磨用プラスチック

シーズコード S090002592
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 加藤 秀治
  • 新谷 一博
技術名称 部品研磨方法、部品および研磨用プラスチック
技術概要 部品研磨方法において、超硬合金を主成分とする部品10を、ポリベンズイミダゾール類、ポリカーボネート類、ポリサルフォン類、ポリエーテルサルフォン類、ポリアリレート類、ポリアミドイミド類、ポリエーテルイミド類、ポリフェニレンサルファイド類、ポリエーテルエーテルケトン類、ポリイミド類、ポリテトラフルオロエチレン類、および、共重合体を含むこれらの混合物、からなる群から選択されるプラスチックを用いて研磨する。また、プラスチックを用いて研磨した、超硬合金を主成分とする部品は、研削工具として用いることで、被研削材の加工精度を向上させることができる。また、高い平坦性が要求されるレンズの金型部品としてこの部品を用いることで、高品質のレンズを量産することができる。また、研磨用プラスチックは、超硬合金を主成分とする部品を研磨するために用いるものであり、上記のプラスチック群から選択される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090002592_01SUM.gif
研究分野
  • 研削
展開可能なシーズ 工具材料や金型材料などに使用される超硬合金を主成分とする部品の所望の箇所をより平坦にする技術を提供する。
研削工具の研削痕や切れ刃の稜線のマイクロチッピングなどの凹凸をより平坦にできる。また、超硬合金を主成分とする金型などの表面をより平坦にできる。プラスチックを用いて研磨した、超硬合金を主成分とする部品を研削工具として用いることで、被研削材の加工精度を向上できる。また、高い平坦性が要求されるレンズの金型部品としてこの部品を用いることで、高品質レンズを量産できる。
用途利用分野 超硬合金部品研磨装置、超硬合金部品、超硬合金研磨用プラスチック、超硬合金工具材料研磨装置、超硬合金金型材料研磨装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人金沢工業大学, . 加藤 秀治, 新谷 一博, . 部品研磨方法、部品および研磨用プラスチック. 特開2008-229757. 2008-10-02
  • B24B   3/06     
  • B24D  18/00     

PAGE TOP