TOP > 技術シーズ検索 > 多孔質有機・金属複合体

多孔質有機・金属複合体

シーズコード S090002671
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 青山 安宏
  • 沢木 智也
技術名称 多孔質有機・金属複合体
技術概要 有機アポホストに関する技術である。水素結合により微細空孔構造を形成可能な有機アポホストB‐A‐B又はA‐B(A:アントラセン、フェナントレン、ナフタレン、ピレン多環芳香族炭化水素基、ピリジン、ジアジン、トリアジン、ピロジン多環複素環基、B:OH,窒素含有基を有する単環芳香族炭化水素基、複素環基)(【化1】、【化2】)に周期律表第4族金属もしくはその化合物を複合化した多孔質有機・金属複合体である。周期律表第4族金属は、Ti,Ge,Sn,Pb,Si,Zr,Hf等である。複合化により、アポホストの水素結合部分へこれらの元素イオンが配位し、配位ネットワークを形成、アポホスト微細空孔内へ取り込まれ、有機合成反応用触媒等として利用が可能である。アントラセン‐ビスレゾルシン誘導体を酢酸エチル溶媒から結晶化させると、酢酸エチル2分子をゲストとして含む共結晶が得られ、酢酸エチルを熱的に除去すると、ゲストを含まない、多結晶アポホストが得られる。これとジイソプロポキシジクロルチタン溶液と混合すると、(iPrO)TiClがアポホストに配位した付加体が得られ、ディールス・アルダー反応に対して触媒作用を示す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090002671_01SUM.gif S090002671_02SUM.gif
研究分野
  • 各種有機化合物の製造
  • 有機化学反応一般
展開可能なシーズ アポホストの構造の制御、その修飾により、触媒等として有用な、新しい金属複合体を提供する。
ルイス酸触媒等の触媒能に優れた、機能性の高い新しい有機アポホスト・金属複合体が提供される。アポホスト体の構造の制御、その修飾について新しい技術の発展を促す。
用途利用分野 触媒、光応答材料、有機電子材料
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 科学技術振興機構, . 青山 安宏, 沢木 智也, . 多孔質有機・金属複合体. 特開平11-255783. 1999-09-21
  • C07F   7/28     
  • B01J  31/00     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP