TOP > 技術シーズ検索 > 抗健忘作用を有するペプチド

抗健忘作用を有するペプチド 新技術説明会

シーズコード S090002675
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 吉川 正明
技術名称 抗健忘作用を有するペプチド 新技術説明会
技術概要 一般式X-Pro-Leu-Pro-Arg …(I)(式中、XはLeu、Ile、Met、Phe、Trpのいずれかを表す。)で示されるペプチドを有効成分として含有することを特徴とする健忘症の予防及び/又は症状改善剤である。また、一般式(I)におけるXがTrpであることを特徴とする健忘症の予防及び/又は症状改善用食品である。
展開可能なシーズ 経口投与あるいは機能性食品素材として摂取しても、健忘症の予防や症状改善作用を有する有用な機能性ペプチドを提供する。
経口投与あるいは機能性食品素材として摂取しても、健忘症の予防や症状改善作用を有する有用な機能性ペプチドを提供することができる。また、WPLPR配列を遺伝子の部位指定変異により米アルブミンまたは他のタンパク中に導入することにより経口で有効なC3a活性を内在するタンパク質を得ることもできる。
用途利用分野 機能性ペプチド、抗健忘剤、機能性食品素材、健忘症予防用食品、健忘症改善用食品

PAGE TOP