TOP > 技術シーズ検索 > リニアテトラピロール系色素

リニアテトラピロール系色素

シーズコード S090002680
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 水谷 義
  • 中筋 悠介
技術名称 リニアテトラピロール系色素
技術概要 リニアテトラピロール系色素は、フェニル基にアルキル基・アルコキシ基を有するテトラフェニルポルフィリン化合物を酸化・開裂して合成するものである。式(1)【化1】(式中、R1,R2,R3はH,CnH2n+1又はOCnH2n+1の何れか(ただし、R1,R2,R3のすべてがHの場合を除く。)を表し、nは3から30の何れかの数字を表す。)で示されるリニアテトラピロール系色素である。具体的例の一つを化2に示す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090002680_01SUM.gif S090002680_02SUM.gif
研究分野
  • 顔料
展開可能なシーズ 有機物との相溶性及び有機溶媒への溶解度が高く、界面に吸着させたときに配向性がよいリニアテトラピロール系色素を提供する。
リニアテトラピロール系色素は、有機物との相溶性及び有機溶媒への溶解度が高い。そのため、界面に吸着させたときに配向性がよく、機能性色素、糖などの生理活性分子の吸着剤やセンサーとして使用することができる。
用途利用分野 リニアテトラピロール系色素、機能性色素、吸着剤、センサー
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人同志社, . 水谷 義, 中筋 悠介, . リニアテトラピロール系色素. 特開2006-283014. 2006-10-19
  • C09B  23/00     

PAGE TOP