TOP > 技術シーズ検索 > 時間信号の空間信号への直接超高速変換方法および装置

時間信号の空間信号への直接超高速変換方法および装置 新技術説明会

シーズコード S090002748
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 小西 毅
  • 一岡 芳樹
技術名称 時間信号の空間信号への直接超高速変換方法および装置 新技術説明会
技術概要 空間的に所定の幅をもつ信号パルス光と参照極短パルス光とを用い、超高速光記憶素子2の面にその光学軸を挟んで所定の角度で信号パルス光と参照極短パルス光とを同時に入射し、それら入射された信号パルス光3,3‘と参照極短パルス光4の各時間信号波形の移動する空間投影像の干渉によって生じた干渉縞を超高速光記憶素子2に記憶させ、その記憶された干渉縞にもとづき参照極短パルス光4から生じる自己回折光の空間分布を、元の信号パルス光の時間信号に対応する空間信号出力とする時間信号の空間信号への直接超高速変換方法である。そして、上記信号パルス光に対する参照極短パルス光の発生タイミングを変えて、超高速光記憶素子2の面上に生成される干渉縞の位置と、出力面上の出力空間分布の位置を制御する。時間→空間信号変換光学系1は、入力された時間信号形態の信号パルス光3、3’を空間信号形態に変換し、出力空間分布9,9’として、出力面101上に出力する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090002748_01SUM.gif
研究分野
  • 電子・磁気・光学記録
  • 光デバイス一般
  • 光学情報処理
展開可能なシーズ フーリエ変換過程を介さずに時間信号を完全な空間信号として、直接的に超高速変換する方法を提供する。
従来の方法のように間接的な分光技術を利用することなく、時間信号を空間信号に直接超高速に変換することができる。
用途利用分野 時間信号の空間信号への直接超高速変換装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 小西 毅, 一岡 芳樹, . 時間信号の空間信号への直接超高速変換方法および装置. 特開2002-006356. 2002-01-09
  • G02F   1/01     
  • G02F   3/00     

PAGE TOP