TOP > 技術シーズ検索 > 短波長帯波長可変短パルス光生成装置

短波長帯波長可変短パルス光生成装置

シーズコード S090002768
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 後藤 俊夫
  • 西澤 典彦
技術名称 短波長帯波長可変短パルス光生成装置
技術概要 短パルス光源1と、短パルス光源1からの光の第2高調波を生成する非線形光学素子2と、非線形光学素子2において波長の変換された第2高調波の短パルス光の強度を調整する光強度調整器3と、光強度調整器3から入射パルスが入射されるとともに、第2高調波の波長帯で負分散を示し、第1の第2高調波パルスから波長のシフトした第2の第2高調波パルス、および波長可変超短パルスを生成することができる負分散光ファイバ4とを具備する。短パルス光源として超短パルスレーザー1を用いる。この超短パルスレーザー1からの出力を非線形結晶2に通し、第2高調波のパルス2Aを生成する。生成された第2高調波のパルス2Aは、光強度調整器3において透過光強度が調整される。光強度調整器3の出力は、構造を制御することで第2高調波の波長帯において負の分散を示す負分散光ファイバ4に入射される。この負分散光ファイバ4において、第1の第2高調波のパルス4Aから波長のシフトした第2の第2高調波のパルス4B、および波長可変超短パルス4Cが生成される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090002768_01SUM.gif
研究分野
  • 光源
  • 光デバイス一般
  • 非線形光学
展開可能なシーズ 物質と光の相互作用が最も顕著な波長1μm以下の光スペクトルを得ることができる短波長帯波長可変短パルス光生成装置を提供する。
物質との相互作用が顕著に現れる1μm以下の波長帯で波長可変短パルス光を生成することができ、極めて有用な光源を提供することができる。また、光の強度を変化させるだけで、生成されるパルス光の波長を連続的に変化させることができる。更に、光軸を変化させることなく、高速に波長を変化させることができる。
用途利用分野 短波長帯波長可変短パルス光生成装置、短パルス光生成装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 後藤 俊夫, 西澤 典彦, . 短波長帯波長可変短パルス光生成装置. 特開2002-287188. 2002-10-03
  • G02F   1/365    
  • G02F   1/37     

PAGE TOP