TOP > 技術シーズ検索 > 顕微鏡等のフォーカス安定性機構

顕微鏡等のフォーカス安定性機構

シーズコード S090002780
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 木下 一彦
  • 塩 育
技術名称 顕微鏡等のフォーカス安定性機構
技術概要 固定基盤3上に補正筒7を固定し、さらに補正筒7に対物レンズ11を固定して構成した光学系部と、固定基盤3上に光学系部を取り囲むように配置され、かつ光軸に重量、形状ともに対称に構成されたX、Y軸ステージおよびZ軸微動ステージとを有している顕微鏡である。光学系部と、X、Y、Z軸ステージは、それぞれの温度依存性の総和が等しく、かつ釣り合い長さを等しく構成した。上記構成からなる顕微鏡では、対物レンズ、試料位置決めステージ、焦点合わせ機構部の心臓部等の全てのコンポーネントを光軸中心に重量、形状とも均等に直接固定し、さらに、これらを温度依存性の極めて少ない材料で構成する。温度依存性の極めて少ないコンポーネントとはインバー(鉄、炭素、クロームの特定構成比を持つ鋼材)をもって製作されたステージ部とか、顕微鏡対物レンズで例えれば温度依存性の極めて少ないガラス等と金属で製作する。インバーには線膨張係数3×10-6以下のものが存在し、10nm変化しても無視できるものがある。顕微鏡のコンポーネントの全てにおいて、温度依存性を排除することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090002780_01SUM.gif
研究分野
  • 光学顕微鏡,望遠鏡
展開可能なシーズ 光学顕微鏡等の熱膨張に起因するZ方向の焦点外れを補償することにより、観測中に試料が焦点ボケを生じたり、物点(対象物)の移動(ドリフト)をナノメートル単位の精度で起こさない安定性の高い光学顕微鏡を提供する。
極めて安定性の高い光学顕微鏡が実現し分子生物学、生物物理学等における分子間の距離計測や分子運動量計測がナノメートルオーダーで容易に可能となる。
用途利用分野 光学顕微鏡
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 木下 一彦, 塩 育, . 顕微鏡等のフォーカス安定性機構. 特開2003-043373. 2003-02-13
  • G02B  21/26     
  • G02B   7/02     

PAGE TOP