TOP > 技術シーズ検索 > 微生物固定化マイクロカプセルの製造方法

微生物固定化マイクロカプセルの製造方法

シーズコード S090002867
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 幡手 泰雄
  • 吉田 昌弘
  • 永徳 圭一
  • 河野 恵宣
  • 上村 芳三
  • 樋之口 大作
技術名称 微生物固定化マイクロカプセルの製造方法
技術概要 微生物及び水中でゲル形成性を有する保護材ポリマーを含有する水溶液を、壁材ポリマーとなるポリマーを含有する有機溶媒であって壁材ポリマーを溶解する良溶媒である有機溶媒A及び該有機溶媒Aより高沸点で壁材ポリマーに対する溶解度の小さい貧溶媒である有機溶媒Bから成る有機相中に添加して乳化させることにより、微生物を内包する保護剤ポリマーを含有する水滴微粒子が有機相中に分散したW/Oエマルションを調製し、このW/Oエマルションを水相に添加して乳化させてW/O/Wエマルションを調製し、このW/O/Wエマルションから、加温または加温・減圧により、先ず有機溶媒Aを蒸発・除去し、次いで有機溶媒Bを蒸発・除去して壁材ポリマーを結晶化させる。例えば、保護材ポリマーは、アルギン酸ナトリウム、κ-カラギーナン、又はポリビニルアルコール、壁材ポリマーは、ポリメタクリル酸メチル、ポリスチレン、ポリアクリル酸、ポリ乳酸、又はポリεカプロラクタム、有機溶媒Aは、クロロホルム、ジクロロメタン、ジクロロエタン、又は酢酸エチル、有機溶媒Bは、イソオクタン、ヘキサン、オクタン、ノナン、デカン、ドデカン、又はキシレンである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090002867_01SUM.gif
研究分野
  • 高分子材料一般
  • 生体の顕微鏡観察法
展開可能なシーズ 化学的及び物理的に安定な微生物固定化構造体を簡便に得ることのできる新しい技術を提供する。種々の分野で有用な中空で多孔質の微生物固定化マイクロカプセル及びその製造方法、並びにこのマイクロカプセルにより固定された微生物を提供する。
きわめて少ない工程を経て有用な微生物をマイクロカプセルに簡便に固定化することができ、得られる微生物固定化マイクロカプセルは、硝酸態窒素に汚染された水の浄化や有機溶媒中での有機合成反応など多くの分野において利用できる。
用途利用分野 脱窒処理細菌、硝酸態窒素分解細菌、微生物固定化構造体、環境浄化細菌剤、廃棄物処理装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, . 幡手 泰雄, 吉田 昌弘, 永徳 圭一, 河野 恵宣, 上村 芳三, 樋之口 大作, . 微生物固定化マイクロカプセルの製造方法. 特開2004-329159. 2004-11-25
  • C12N  11/04     
  • C02F   3/10     
  • C02F   3/34     

PAGE TOP