TOP > 技術シーズ検索 > 物理量測定装置および磁気測定装置

物理量測定装置および磁気測定装置

シーズコード S090003125
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 足立 善昭
技術名称 物理量測定装置および磁気測定装置
技術概要 測定対象の物理量に対して非線形の検出特性をもつ非線形検出手段1を有する。その非線形検出手段1から取り出された検出信号を多段接続された複数の積分器により、多重に積分して多重度の違いによって異なる複数の帯域の信号成分を同時に得る多重積分手段と、信号成分の全部または一部に基づくフィードバック信号を非線形検出手段側へフィードバックして検出特性を線形化するフィードバック手段とを具備する。各段における利得帯域幅積は各積分器の出力電圧のダイナミックレンジにより規定されるので、広帯域を複数の帯域に分割したときの各帯域の信号成分の抽出を別々の積分器に分担させることで、全体としてダイナミックレンジの大きい広帯域フィルタ特性を実現することができる。すなわち、検出信号から信号成分を抽出する際の通過域利得と帯域幅の両方を十分に大きくすることができる。また、各積分器の時定数やフィードバック特性を調整することで、検出信号から抽出される信号成分の帯域を積分器ごとに変えることが可能となり、異なる複数の帯域の信号成分を測定信号として同時に得ることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003125_01SUM.gif
研究分野
  • 磁気の計測法・機器
  • 磁電デバイス
  • 地磁気変動・脈動
展開可能なシーズ 検出信号の通過域利得と帯域幅の両方を大きくできると共に、異なる複数の帯域の信号成分を測定信号として同時に得ることができる、物理量測定装置および磁気測定装置を提供する。
実質的な利得帯域幅積の大きいフィルタ特性を得ることができ、測定信号のダイナミックレンジや測定感度を向上することができる。また、多段接続された各積分器の時定数やフィードバック特性を変化させることで、各積分器から所望の帯域の信号成分を同時に出力することができる。
用途利用分野 磁気測定装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 金沢工業大学, . 足立 善昭, . 物理量測定装置および磁気測定装置. 特開2001-133528. 2001-05-18
  • G01R  33/02     

PAGE TOP