TOP > 技術シーズ検索 > 量子プログラム秘匿化装置及び量子プログラム秘匿化方法

量子プログラム秘匿化装置及び量子プログラム秘匿化方法

シーズコード S090003171
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 村尾 美緒
  • 田中 雄
技術名称 量子プログラム秘匿化装置及び量子プログラム秘匿化方法
技術概要 量子プログラム秘匿化装置10は入力部11から出力部18までの過程において、拡張部12、制御演算付加部13、暗号化部15、秘密鍵生成部16及び難読化部17を備える。拡張部12は入力された量子プログラムを含み、量子プログラムの入力量子ビット空間に加えて、量子秘密鍵に応じた量子秘密鍵量子ビット空間を有する拡張量子プログラムを生成する。制御演算付加部13は、拡張量子プログラムを、量子秘密鍵量子ビット空間が所定の状態である場合に量子プログラムを実行する制御演算を行うように書き換える。暗号化部15は拡張量子プログラムに、量子秘密鍵量子ビット空間の状態に対して演算を行う第1の量子ゲート列及び第2の量子ゲート列を追加する。秘密鍵生成部16は第1の量子ゲート列の逆演算を行うことによって量子秘密鍵を生成する。難読化部17は、第1の量子ゲート列が追加された拡張量子プログラムに対して難読化を行う。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003171_01SUM.gif
研究分野
  • 符号理論
  • データ保護
展開可能なシーズ 演算内容を知られずに権限を有する者に実行させることが可能な量子プログラム秘匿化装置及び量子プログラム秘匿化方法を提供する。
量子秘密鍵を有した者でなければ、量子プログラムは実行されない。又、ゲート列の入れ替え及びゲート列の追加の少なくとも何れかの難読化が行われる為、その演算内容が実行者に知られる事はない。更に又、難読化された拡張量子プログラムによって演算が行われて出力される量子秘密鍵が、制御演算に応じた所定の状態となる事がなく、安全性の高い秘匿化を行うことができる。
用途利用分野 量子プログラム秘匿化装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 村尾 美緒, 田中 雄, . 量子プログラム秘匿化装置及び量子プログラム秘匿化方法. 特開2008-294666. 2008-12-04
  • G09C   1/00     
  • H04L   9/12     
  • G06F  21/22     

PAGE TOP