TOP > 技術シーズ検索 > 2‘水酸基を修飾された新規人工RNA

2‘水酸基を修飾された新規人工RNA

シーズコード S090003237
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 関根 光雄
  • 清尾 康志
  • 実吉 尚郎
技術名称 2‘水酸基を修飾された新規人工RNA
技術概要 一般式(I)(化1)((式I中、X及びYは同一または異なって、水素、置換基を有していてもよいシリル基、4-メトキシトリチル基、4,4’-ジメトキシトリチル基)で表されるヌクレオシド又はそのヌクレオチド、又は一般式(II)(化2)(式(II)中、R1およびR2は同一または異なって、炭素数1から7のアルキル基を表すか、又は、R1およびR2が互いに結合して環構造を形成し、R3はリン酸の保護基を表す)を表し、B1は置換基を有していてもよいピリミジン塩基又はプリン塩基を表す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003237_01SUM.gif S090003237_02SUM.gif S090003237_03SUM.gif
研究分野
  • 各種有機化合物の製造
  • 核酸一般
  • 有機化学反応一般
展開可能なシーズ 穏やかな条件で効率的にシアノエチルエーテルを構築する系、及び機能性官能基としての可能性を開拓し、新規機能性核酸の創製する。
本シアノエチル化反応により、種々の水酸基のシアノエチル化を効率よく実施することが可能となった。
用途利用分野 遺伝子解析用のRNAプローブ、RNA医薬品素材、人工酵素、アプタマー
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 関根 光雄, 清尾 康志, 実吉 尚郎, . 2‘水酸基を修飾された新規人工RNA. . 2007-12-13
  • C07H  19/067    
  • C07H  19/167    
  • C07H  21/02     
  • C07H  23/00     
  • C07F   9/6558   
  • C07F   9/6561   
  • C07F   7/18     

PAGE TOP