TOP > 技術シーズ検索 > ガスバリア性の炭素繊維強化プリプレグ及び炭素繊維強化プラスチック並びにそれらの製造方法

ガスバリア性の炭素繊維強化プリプレグ及び炭素繊維強化プラスチック並びにそれらの製造方法

シーズコード S090003268
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 米本 浩一
  • 蛯名 武雄
  • 水上 富士夫
  • 奥山 圭一
  • 神谷 祥二
技術名称 ガスバリア性の炭素繊維強化プリプレグ及び炭素繊維強化プラスチック並びにそれらの製造方法
技術概要 ガスバリア性能を有する、特に、水素ガスバリア性に優れた炭素繊維強化プリプレグ及び炭素繊維強化プラスチック、並びにそれらの製造方法に関する。シート状の炭素繊維強化材とマトリックス樹脂とからなる炭素繊維強化プリプレグであって、該プリプレグの内部に、板状の結晶構造を持つ粘土鉱物が、一方向に配向し且つ緻密に積層したガスバリア層を有することを特徴とするガスバリア性の炭素繊維強化プリプレグである。また、シート状の炭素繊維強化材とマトリックス樹脂とからなる炭素繊維強化プリプレグの積層体の少なくとも一つの層間に、板状の結晶構造を持つ粘土鉱物が、一方向に配向し且つ緻密に積層したガスバリア性のフィルム状物を配置し、その後、該積層体を加熱及び/又は加圧することを特徴とするガスバリア性の炭素繊維強化プリプレグの製造方法である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003268_01SUM.gif
研究分野
  • 高分子材料一般
  • 製造工程とその装置
  • 紡糸・製糸
展開可能なシーズ 高いガスバリア性、特に水素ガスバリア性を有する炭素繊維強化複合材料を提供する。
従来得られなかった高いガスバリア性、特に水素ガスバリア性を有する炭素繊維強化複合材料(中間材料を含む)が得られる。そして、かかる複合材料は、ステンレスやアルミニウム等の金属材料に代わって軽量化を図ろうとする、例えば、水素タンクあるいは水素貯蔵設備等の容器材料に利用することができる。
用途利用分野 水素タンクあるいは水素貯蔵設備等の容器材料、航空機、自動車等の部材
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人九州工業大学, 独立行政法人産業技術総合研究所, 独立行政法人国立高等専門学校機構, 川崎重工業株式会社, . 米本 浩一, 蛯名 武雄, 水上 富士夫, 奥山 圭一, 神谷 祥二, . ガスバリア性の炭素繊維強化プリプレグ及び炭素繊維強化プラスチック並びにそれらの製造方法. 特開2009-120627. 2009-06-04
  • C08J   5/24     
  • B29B  11/16     
  • C08K   7/00     
  • C08L 101/00     
  • B32B   5/30     

PAGE TOP