TOP > 技術シーズ検索 > ラドン検出器

ラドン検出器

シーズコード S090003350
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 田阪 茂樹
技術名称 ラドン検出器
技術概要 ラドン検出器は、検出容器本体と、検出容器本体12の上部に設けられるフランジ部材13と、フランジ部材13に着脱可能に設けられる蓋体14と、検出容器本体12の内部に設けられ検出容器本体内部のラドンを検出する検出手段16とを備える。そして、検出容器本体12の内面全体は曲面状かつ鏡面状に形成する。さらに、検出容器本体12の内面は、バフ研磨と電解研磨とからなる複合研磨によって鏡面状に形成し、内面における最大高さRmaxは0.8μm未満にする。また、ラドン検出器は、検出手段として受光素子16を設け、受光素子16における半導体支持部材はウラン-ラジウム崩壊系列における放射性核種の含有量が0.01Bq/g以下である材料から形成する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003350_01SUM.gif
研究分野
  • 自然放射能計測・計測器
展開可能なシーズ スーパーカミオカンデにおいて、太陽ニュートリノの観測精度を向上させるためには、さらに低濃度のラドンを検出し、その影響を解明することが重要であり、検出容器本体の内面全体を曲面状かつ鏡面状に形成することにより、ラドンの検出精度をさらに向上させることができるラドン検出器を提供する。
検出容器本体12の内部において、ラドン発生源となる微粒子の残存量を極めて少なくすることができ、ラドンの検出精度をさらに向上させることができる。また、PINフォトダイオード16のパッケージ29は、ウラン-ラジウム崩壊系列の放射性核種の含有量が0.01Bq/g以下である材料から形成されている。このように構成した場合、検出容器本体12の内部におけるラドン発生量をさらに低減させることができる。
用途利用分野 ラドン検出器、太陽ニュートリノ観測装置、チェレンコフ宇宙素粒子観測装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人岐阜大学, . 田阪 茂樹, . ラドン検出器. 特開2005-024291. 2005-01-27
  • G01T   7/02     
  • G01T   1/167    

PAGE TOP