TOP > 技術シーズ検索 > ゲル化状態評価装置、それを備えたゲル製造装置及び豆腐製造装置、並びに、ゲル製造方法及び豆腐製造方法

ゲル化状態評価装置、それを備えたゲル製造装置及び豆腐製造装置、並びに、ゲル製造方法及び豆腐製造方法

シーズコード S090003358
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 羽倉 義雄
  • 江川 美実
  • 鈴木 寛一
技術名称 ゲル化状態評価装置、それを備えたゲル製造装置及び豆腐製造装置、並びに、ゲル製造方法及び豆腐製造方法
技術概要 電場中に物質を置き、電気力によって正・負両電荷が分離し移動する挙動の変化を、静電容量等の静電特性の変化として観測できる。加熱工程におけるゾル-ゲル転移特性を有する豆腐などの材料の電気容量の変化を誘電特性測定手段により測定することにより、ゾル-ゲル転移材料(豆腐)の内部構造を破壊せずに分析する。豆腐凝固状態評価装置10は、一対の平行平板電極11を備えた豆腐槽12と、恒温槽13と、LCRメータ(誘電特性測定手段)14と、コンピュータ(制御手段、記録手段)15とを備え、一対の平行平板電極11間に豆腐20を載置する。平行平板電極11は、LCRメータ14に接続され、LCRメータ14によって測定された静電容量のデータは、コンピュータ15に出力され、メモリに記録される。平行平板電極11と豆腐槽12との接触による電極分極を防ぎ、且つ絶縁するために、平行平板電極11を例えば絶縁性が高いシリコン板を介して豆腐槽12に設ける。平行平板電極11として、網状平行平板電極を用いることにより、電極の伝熱効率が向上する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003358_01SUM.gif
研究分野
  • 応用物理化学的操作・装置
  • 野菜とその加工品
展開可能なシーズ 豆腐の製造工程における凝固過程を把握することが可能な特性値を求め、その特性値を利用した豆腐凝固状態評価装置、豆腐製造装置及び豆腐製造方法を実現する。さらに、この原理を利用し、ゲル製造工程におけるゾル-ゲル転移特性を有する材料のゲル化状態を、容易且つ確実に評価することができるゲル化状態評価装置、ゲル化状態評価装置を備えたゲル製造装置、及びゲル製造方法を提供する。
ゾル-ゲル転移特性を有する材料のゲル化過程における材料のゲル化状態を実時間(リアルタイム)で評価、捕捉することが可能となり、材料のゲル化状態を容易且つ確実に評価することができる。したがって、ゲル化過程におけるゲル化状態を容易且つ確実に把握することができるとともに、ゲル化の終点を容易且つ確実に特定することができる。
用途利用分野 ゲル化状態評価装置、ゲル製造装置、豆腐製造装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人広島大学, . 羽倉 義雄, 江川 美実, 鈴木 寛一, . ゲル化状態評価装置、それを備えたゲル製造装置及び豆腐製造装置、並びに、ゲル製造方法及び豆腐製造方法. 特開2005-315835. 2005-11-10
  • G01N  27/22     
  • A23L   1/20     

PAGE TOP