TOP > 技術シーズ検索 > 3次元放射線位置検出器

3次元放射線位置検出器

シーズコード S090003370
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 村山 秀雄
  • 稲玉 直子
  • 北村 圭司
  • 山下 貴司
技術名称 3次元放射線位置検出器
技術概要 3次元放射線位置検出器1は、シンチレータユニット10、受光素子20および演算部30を備える。受光素子20は、光入射面へ入射した光の入射位置および強度に応じた電気信号を出力するものである。xyz直交座標系のxy平面は、光入射面に平行に設定されている。シンチレータユニット10は、受光素子20の光入射面上に設けられており、この光入射面に垂直な方向(z軸方向)に4つのシンチレータアレイ11~14が順に積層されて構成されている。シンチレータセルは、放射線の吸収に応じてシンチレーション光を発生させるものであり、例えば、CeがドープされたGdSiO(GSO)やBiGe12(BGO)が用いられる。ある層のシンチレータアレイそれぞれにおいて、隣り合う2シンチレータセル間の媒質がシンチレーション光に対して反射材および透過材の何れか一方のみであり、別の層の同じ位置にあるシンチレータセル間で、少なくとも1つの同一側面の光学条件が互いに異なり、4つの側面における透過材および反射材の配置の組み合わせが異なる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003370_01SUM.gif
研究分野
  • 医療用機器装置
  • 放射線検出・検出器
展開可能なシーズ 3次元放射線位置検出器は、例えばPET装置において、陽電子放出アイソトープ(RI線源)が投入された被検体内における電子・陽電子の対消滅に伴って発生し互いに逆方向に飛行する1対のγ線光子(エネルギ511keV)を検出する放射線検出器として用いられる。シンチレータアレイの積層数を増やすことが可能であって放射線吸収位置検出精度が優れた3次元放射線位置検出器を提供する。
シンチレーション光を発生させた位置が受光素子の光入射面から遠くても、受光素子の光入射面に到達するシンチレーション光の強度分布の幅は狭い。また、積層方向に見たときに各シンチレータアレイの同一位置にあるシンチレータセルで発生したシンチレーション光は、受光素子の光入射面において重心位置が充分に離れる。それ故、シンチレータアレイの積層数を増加可能で、放射線吸収位置検出精度が良い。
用途利用分野 3次元放射線位置検出器、PET装置、放射線検出器
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構, 株式会社島津製作所, 浜松ホトニクス株式会社, . 村山 秀雄, 稲玉 直子, 北村 圭司, 山下 貴司, . 3次元放射線位置検出器. 特開2004-279057. 2004-10-07
  • G01T   1/20     
  • G01T   1/161    

PAGE TOP