TOP > 技術シーズ検索 > 模擬環境試験装置

模擬環境試験装置

シーズコード S090003373
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 一坪 宏和
  • 山田 裕司
  • 下 道國
  • 小泉 彰
技術名称 模擬環境試験装置
技術概要 模擬環境試験装置1は、放射性ガス濃度測定器10,22もしくは崩壊生成物濃度測定器11,23から得られた放射性ガス濃度もしくはその崩壊生成物濃度のデータに基づいて、放射性ガスの模擬環境試験室1への導入量をフィードバック制御することにより模擬環境試験室1内の放射性ガスの濃度を制御する。この場合、放射性ガス発生器17と模擬環境試験室1との間に、放射性ガス発生器17で発生した放射性ガスを一時的に貯蔵するためのバッファータンク20を設け、かつ放射性ガス発生器17と模擬環境試験室の間に放射性ガスから崩壊生成物を除去するための複数のフィルターを設けており、複数のフィルターは、放射性ガス発生器17で生成した崩壊生成物を除去するためのフィルター18、バッファータンク20内で生成した崩壊生成物を除去するためのフィルター21、バッファータンク20から模擬環境試験室1に導入する直前の放射性ガスから崩壊生成物を除去するためのフィルター24、ならびに模擬環境試験室1で発生する崩壊生成物を除去するためのフィルター25を含む。フィルターを運転しないと濃度が上がり、運転すると濃度が下がる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003373_01SUM.gif
研究分野
  • 研究開発
展開可能なシーズ 環境を模擬するための模擬環境試験室を備え、かつ模擬環境試験室内空気中のエアロゾル粒子、放射性ガスおよびその崩壊生成物の濃度、ならびに温湿度および気圧を制御するための制御部を備えてなり、制御部を作動させて模擬環境試験室内に模擬環境を形成する。これにより、エアロゾル粒子ならびに放射性ガスとその崩壊生成物を含み、より現実に近い環境を実現する模擬環境試験装置を提供する。
エアロゾル粒子、イオン、ラドンガスとその崩壊生成物を含む温湿度・気圧制御されたより現実に近い環境を作り出すことができる。より現実に近い環境で、環境実験・装置の耐久試験、スポーツトレーニング、ラドンなどの放射性ガスとその崩壊生成物が生物に及ぼす影響研究実験、放射性ガスとその崩壊生成物とエアロゾル粒子の複合実験、放射線治療、環境を実験室で模擬再現するバーチャル技術などに効果をもたらす。
用途利用分野 模擬環境試験装置、ラドンガス濃度測定器、崩壊生成物濃度測定器
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構, . 一坪 宏和, 山田 裕司, 下 道國, 小泉 彰, . 模擬環境試験装置. 特開2005-003484. 2005-01-06
  • G01N  17/00     
  • G01W   1/00     
  • G01T   1/16     
  • G01T   1/167    
  • G09B   9/00     

PAGE TOP