TOP > 技術シーズ検索 > 骨格筋検査用キット及び骨格筋検査方法

骨格筋検査用キット及び骨格筋検査方法

シーズコード S090003397
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 村上 徹
  • 依藤 宏
技術名称 骨格筋検査用キット及び骨格筋検査方法
技術概要 骨格筋検査用キットは、抗遅筋ミオシン抗体、アクチン染色試薬、並びに抗デスミン抗体及び/又は抗α-アクチニン抗体を含む。抗遅筋ミオシン抗体は免疫組織染色において遅筋型ミオシンを認識できるものであれば特に制限されない。廃用性萎縮では速筋線維より遅筋線維に早く変化が現れることが知られているので、遅筋ミオシンに対する抗体を用いることで、より的確に病変(筋線維の変化)をとらえることができる。また、その他の筋萎縮性疾患でも遅筋ミオシンに対する抗体を用いることにより的確に病変をとらえることができる。アクチン染色試薬は、筋原線維の主要な成分であるF-アクチンを染色できるものである限り特に制限されないが、例えば、標識ファロイジン(Phalloidin)や抗アクチン抗体などが挙げられる。アクチンを染色することにより、筋原線維の変化、中心性病変の有無などを検出することができる。抗デスミン抗体は免疫組織染色においてデスミンを認識できるものであれば特に制限されない。また、抗α-アクチニン抗体は免疫組織染色においてα-アクチニンを認識できるものであれば特に制限されない。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003397_01SUM.gif
研究分野
  • 医学的検査一般
  • 骨格筋作用薬の基礎研究
展開可能なシーズ 筋ジストロフィーや神経原性筋萎縮などにおいても骨格筋における病変を正確に検査する方法を確立し、骨格筋において萎縮の程度などを正確に検査するための方法及びキットを提供する。
骨格筋の萎縮のステージを正確に検査することができる。これにより、治療方針の決定や治療効果の確認が容易になる。また、廃用性萎縮、筋ジストロフィー、神経原性筋萎縮などの疾患を判別することもできる。
用途利用分野 骨格筋検査用キット
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人群馬大学, . 村上 徹, 依藤 宏, . 骨格筋検査用キット及び骨格筋検査方法. 特開2006-250841. 2006-09-21
  • G01N  33/53     
  • G01N  33/48     

PAGE TOP