TOP > 技術シーズ検索 > アシアロGM1発現細胞検出試薬、これを用いた細胞検出方法および細胞分類方法並びに老化測定方法

アシアロGM1発現細胞検出試薬、これを用いた細胞検出方法および細胞分類方法並びに老化測定方法

シーズコード S090003399
掲載日 2010年3月26日
研究者
  • 江本 正志
技術名称 アシアロGM1発現細胞検出試薬、これを用いた細胞検出方法および細胞分類方法並びに老化測定方法
技術概要 アシアロGM1発現細胞検出試薬は、各種の疾患、例えば、自己免疫疾患や神経疾患、感染疾患、腫瘍疾患等に関わる細胞(具体的には、例えば、免疫担当細胞であるナチュラルキラー細胞(NK細胞)や、一部のナチュラルキラーT細胞(NKT細胞)並びにある種のT細胞等)に発現するアシアロGM1(アシアロガングリオシド)を、特異的に認識し、結合する抗アシアロGM1ポリクローナル抗体を有効成分として含有する。このアシアロGM1発現細胞検出試薬を用いて細胞を検出する方法は、検体に含まれる検出対象の細胞に抗アシアロGM1ポリクローナル抗体を接触させる。アシアロGM1ポリクローナル抗体に、二次抗体として、抗アシアロGM1ポリクローナル抗体を認識し結合する標識抗体を接触させ、標識抗体を検出する検出物質を添加し、細胞を固定し、抗アシアロGM1ポリクローナル抗体の結合の有無を基に、細胞におけるアシアロGM1の発現の有無をフローサイトメーターまたは免疫組織染色で検出する。検出対象の細胞は、疾患由来の細胞である。他に細胞分類方法、老化測定方法の発明有り。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003399_01SUM.gif
研究分野
  • 医学的検査一般
  • 免疫性疾患・アレルギー性疾患の診断
  • 抗原・抗体・補体一般
展開可能なシーズ ポリクローナル抗体を用いた、簡単にアシアロGM1を発現する細胞を検出できるアシアロGM1発現細胞検出試薬を提供し、この試薬を用いて効率よくアシアロGM1発現細胞を検出して特定することができ、各種の疾患の診断もできる検出方法、及びこの検出結果を基に、アシアロGM1が関与する細胞を分類することができ、その細胞が関与する多種類の疾患の進行度(病態)を判断することができる細胞分類方法を提供する。
アシアロGM1発現細胞を検出することができ、この細胞を疾患由来の細胞とすることで、各種の疾患を診断することができる。特に、関節リウマチ等の自己免疫疾患や、神経痛やギランバレー症候群等の神経疾患、ウイルスや細菌による感染疾患、ガン等の腫瘍疾患の診断を効率よく行うことができる。また、効率よくアシアロGM1が関与する細胞を分類して、その細胞が関与する多種類の疾患の進行度(病態)を判断することができる。
用途利用分野 細胞検出装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人群馬大学, . 江本 正志, . アシアロGM1発現細胞検出試薬、これを用いた細胞検出方法および細胞分類方法並びに老化測定方法. 特開2007-010625. 2007-01-18
  • G01N  33/53     
  • C12Q   1/02     
  • G01N  21/78     
  • G01N  33/48     
  • G01N  33/536    
  • G01N  33/543    
  • G01N  33/564    

PAGE TOP