TOP > 技術シーズ検索 > 導波路を備えた3次元フォトニック結晶光共振器

導波路を備えた3次元フォトニック結晶光共振器

シーズコード S090003552
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 野田 進
  • 岡野 誠
技術名称 導波路を備えた3次元フォトニック結晶光共振器
技術概要 3次元フォトニック結晶光メモリーは、本体と、点欠陥と、導波路と、を備える。本体は、複数のロッド11を平行且つ所定の面内周期で周期的に配置したストライプ層が複数、平行に積層されて成り、各ストライプ層に属する各ロッドが最隣接のストライプ層に属する各ロッドと直交し、各ストライプ層に属する各ロッドが2層離れたストライプ層に属する各ロッドと平行且つ面内周期の1/2だけずれている3次元フォトニック結晶から成る。点欠陥はロッド11のうちの1本に導入され、導波路は、点欠陥が属するストライプ層に存在する、点欠陥ロッドとは異なるロッドの少なくとも一部に線状の欠陥を導入することによって構成され、更に線欠陥の少なくとも一部が可動である。導波路を構成する線欠陥は、点欠陥ロッドとは異なるロッドの少なくとも一部に屈折率の異なる部分を設けることによって構成される。また、導波路の屈折率の異なる部分は空気である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003552_01SUM.gif
研究分野
  • レーザ一般
  • 光導波路,光ファイバ,繊維光学
展開可能なシーズ 共振器となる点欠陥と導波路となる線欠陥の両方の位置関係などの相互の関係を考慮して、光の損失が少なく、かつ小型化が可能な光源として使用することが可能な、導波路を備えた光共振器を提供し、同様の構成により、それを光メモリーとして利用可能にする方法を提供する。
3次元フォトニック結晶に導入した点欠陥において共振する光を取り出す導波路が形成され、3次元フォトニック結晶を特定の波長の光源として用いることができる。光源は1個の結晶で構成され、点欠陥と導波路を1個の3次元フォトニック結晶デバイス内に複数組設けることにより、複数波長の光の小型光源が可能になる。フォトニック結晶は3次元系であるので、点欠陥から導波路以外への光の流出入は少なく、光の保持効率が良い。
用途利用分野 光メモリー、光共振器
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 野田 進, 岡野 誠, . 導波路を備えた3次元フォトニック結晶光共振器. 特開2004-004419. 2004-01-08
  • G11C  13/04     
  • G02B   6/12     
  • G02F   1/015    

PAGE TOP