TOP > 技術シーズ検索 > 生物演出システム

生物演出システム

シーズコード S090003589
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 細谷浩史
  • 高橋利幸
  • 小阪敏和
技術名称 生物演出システム
技術概要 この生物演出システムは、生物を含む水槽100(この例では生物としてミドリゾウリムシを使用している)、電源110a、110b、電源110a、110bと接続した導線120、上導線120と接続し、電流の方向を変えるためのスイッチ130、導線120と接続した導線で作製した放電部のデザイン140および150、生物を発光させるための紫外線照射装置160からなる。また、放電部は交換可能であり、複数種のデザインの放電部を接続可能である。ミドリゾウリムシは、体内に多数の緑藻クロレラが共生しているため、体色は緑色をしている。ここでは、生物の走電性を利用し鑑賞システムを構築している。ミドリゾウリムシの走電性は、水槽、ミドリゾウリムシ、導線および電源のみで実演可能である。放電前は、ミドリゾウリムシが水槽内を無秩序に遊泳している。このため、水槽内のミドリゾウリムシははっきりと見ることが出来ない。ここで、電極(プラス電極およびマイナス電極)を用い、放電を開始すると、ミドリゾウリムシは、マイナス電極に集まる。これにより、マイナス電極のみが緑色に可視化される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003589_01SUM.gif
研究分野
  • 水産生物学一般
  • 教育施設,文化施設,宗教建築
展開可能なシーズ 電流刺激存在下で、生物の走電性を利用し、視覚的に面白いショーを実現する、産業的にも教育的にも応用可能な、これまでにない視覚的に面白いエンターテイメント装置を提供する。
この生物演出システムによれば、比較的簡単な制御構造によって、誰も予想できない鑑賞を実現する。これにより、水族館や資料館などで集客のための行う「決まりきったショー」に代わるこれまでにない斬新な、エンターテイメントショーを提供することができる。
用途利用分野 ディスプレイ装置、エンターテイメント装置、理科実験教材、インテリア装飾装置、照明装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人広島大学, . 細谷浩史, 高橋利幸, 小阪敏和, . 生物演出システム. 特開2007-241072. 2007-09-20
  • G09F  13/42     
  • G09F  19/00     
  • B43K  29/00     
  • G09B  23/36     
  • G09B  23/38     

PAGE TOP