TOP > 技術シーズ検索 > ポートフォリオを用いた学習支援装置

ポートフォリオを用いた学習支援装置

シーズコード S090003619
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 池田 誠
  • 國井 利泰
  • 多田 邦雄
  • 服部 進実
  • 永瀬 宏
  • 酒井 宏明
  • 杉光 一成
  • 中沢 実
  • 本山 弘治
技術名称 ポートフォリオを用いた学習支援装置
技術概要 学生の能力値を診断した診断結果をもとに、能力値の指標として分類した複数の要素ごとの充実度を計測する計測部22と、学生が目指す複数の将来モデルに対して設定されたそれぞれのモデルにおける能力のレベル値を、分類した要素ごとに格納する格納部40と、学生から将来モデルの選択入力を受け付ける受付部20と、受け付けた将来モデルについて、学生の能力値を計測した計測結果と、当該将来モデルに対して設定された能力のレベル値とを複数の要素ごとに比較する比較部24と、を備える。比較部24は、計測された能力値と、設定されたモデルのレベル値との比較により、モデルのレベル値に満たない能力値を示した要素につき、その満足しない程度を評価する。複数種類の修学コースごとに設定された修学目標を格納する第1格納部と、複数の履修科目を、修学することで向上される能力の要素に対応付けて格納する第2格納部と、修学目標および複数の履修科目の選択入力を受け付ける受付部20と、受け付けた複数の履修科目の修学により向上される能力の要素が、入力された修学目標に対応しているか否かを判定する判定部26と、を備える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003619_01SUM.gif
研究分野
  • CAI
展開可能なシーズ 大学における人材育成および学習支援を実行するための教育システムを提供する。
本発明は、学生の学習を支援する学習支援装置に関する。本学習支援装置は学生の学習支援を行うことができる。本学習支援装置によると、学生は、自身の目指す将来モデルに対する現在の能力の不足分を認識して、開発すべき能力を把握できる。さらに、学生は、履修科目の選択の適切性に対する客観的な判定を得ることが可能となる。
用途利用分野 学校・企業用教育支援システム、自己学習支援システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人金沢工業大学, . 池田 誠, 國井 利▲泰▼, 多田 邦雄, 服部 進実, 永瀬 宏, 酒井 宏明, 杉光 一成, 中沢 実, 本山 弘治, . ポートフォリオを用いた学習支援装置. 特開2005-301257. 2005-10-27
  • G09B   5/14     

PAGE TOP