TOP > 技術シーズ検索 > 情報送信装置、情報受信装置、中継装置、情報提供システム、情報提供方法、情報提供プログラムおよび該情報提供プログラムを記録した記録媒体

情報送信装置、情報受信装置、中継装置、情報提供システム、情報提供方法、情報提供プログラムおよび該情報提供プログラムを記録した記録媒体

シーズコード S090003656
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 児玉 明
技術名称 情報送信装置、情報受信装置、中継装置、情報提供システム、情報提供方法、情報提供プログラムおよび該情報提供プログラムを記録した記録媒体
技術概要 サーバ装置2とクライアント装置とは、通信ネットワークNを介して、双方向に通信可能である。また、サーバ装置には、各映像コンテンツについて、基本品質画像の基本データと、基本品質画像と各階層品質画像との階層間差分データを生成するための、画像符号化装置が接続されている。画像符号化装置で生成された基本データと差分データは、サーバ装置に蓄積される。サーバ装置は、クライアント装置からの要求に応じて、蓄積された基本データと差分データから、所望のデータをクライアント装置に向けて伝送する。これにより、クライアント装置は、所望の品質の映像コンテンツを再生することができる。サイマルキャスト方式では、各品質画像を別個に記憶しているのに対し、低品質画像の基本データと、各品質画像間の差分データを記憶するだけでよく、メインメモリ22のデータ量を小さくすることができる。これにより、メインメモリに要するコスト、容積等を低くすることができるとともに、メインメモリへのアクセス速度を向上させることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003656_01SUM.gif
研究分野
  • データ保護
  • 記憶装置
  • データ通信
展開可能なシーズ サイマルキャスト送信方式ではコンテンツを品質ごとにメモリに格納するため、メモリに格納されるデータ量が膨大になる。スケーラビリティ送信方式では利用者側で、受信するデータの品質を指定することができない。保存するデータ容量を抑えるとともに、利用者所望の品質コンテンツを効率的に配信することのできる情報送信装置を実現する。
コンテンツごとに、低品質を表す基本情報と各品質間の差分情報に分解し、それらを構成情報記憶部に記憶する。対応づけられた品質構成テーブル、特定した情報を構成情報記憶部から情報特定手段により読み出す。コンテンツ情報を送信手段で送信する。情報送信装置内の情報容量を、サイマルキャスト方式と比較して小さくすることができ、利用者所望の品質コンテンツを効率的に配信することができる。
用途利用分野 画像配信システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人広島大学, . 児玉 明, . 情報送信装置、情報提供システム、情報提供方法、情報提供プログラムおよび該情報提供プログラムを記録した記録媒体. 特開2005-293158. 2005-10-20
  • G06F  12/00     

PAGE TOP