TOP > 技術シーズ検索 > 空気圧縮機能を有する記録装置

空気圧縮機能を有する記録装置

シーズコード S090003675
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 森 英季
技術名称 空気圧縮機能を有する記録装置
技術概要 該記録装置は、ディスク12を駆動するモータ14と、ディスクの表面に情報を記録、再生するヘッド16と、ヘッドを支持したサスペンション、及びサスペンションを移動可能に支持した静圧軸受を有し、ヘッドを上記ディスクの表面に対して任意の位置へ駆動するヘッドアクチュエータ18と、ディスクの表面の少なくとも一部に隙間を置いて対向配置され、ディスクの回転に伴いディスク表面との間に圧縮空気を発生させるスクイズ板、および上記スクイズ板とデイスクとの間に発生した圧縮空気を静圧軸受に導く配管を有する圧縮機構とを備えている。ディスクを回転させるモータに圧縮機構を組み込むことにより、モータの回転力を利用して空気を加圧し、静圧軸受に圧縮空気を供給できるので、小型の装置内でも静圧軸受の使用を実現できる。記録装置で用いられる軸受に必要とされる軸受剛性は、ヘッドなどの軽荷重を支持する程度で良いため、静圧軸受に必要とされる大気圧との差圧はさほど高い必要はない。ヘッドアクチュエータの支持部に静圧軸受を用いることによって非接触で、かつ、不要なガタのない支持が可能となり、摩擦の影響を生じない理想的な支持構造とすることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003675_01SUM.gif
研究分野
  • オーディオ機器
展開可能なシーズ 装置の大型化、消費エネルギーの増大を伴うことなく、ヘッドの位置決め精度を向上し、記録密度の向上を図ることが可能な記録装置を提供する。
接触や摺動摩擦に起因するヘッドアクチュエータ動作における非線形性が解消され、ヘッドの位置決め精度が向上し、記録密度の向上を図ることができる。磁気ディスク装置の他、光ディスク、光磁気ディスク等を用いた記録装置にも適用できる。この場合、情報の記録、再生を行うヘッドとして、光磁気ヘッド、あるいは光ピックアップを有した光学ヘッドが用いられる。また、ディスクの枚数は必要に応じて増加可能である。
用途利用分野 磁気ディスク装置、光ディスク装置、光磁気ディスク装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 森 英季, . 空気圧縮機能を有する記録装置. 特開2004-152428. 2004-05-27
  • G11B  21/02     

PAGE TOP